ライブが今最もアツく面白いと話題、超特急のカレンダーが2種類で発売

芸能総合 公開日:2020/02/18 3
この記事を
クリップ

エンターテインメント性の高さと魅せるパフォーマンスで、会場を独自の世界に染め上げるライブが評判のメインダンサー&バックボーカルグループ・超特急。




年末年始には国立代々木競技場第一体育館と大阪城ホールにて東西アリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolución viva』を開催、5日間で8万人を動員した。6月にも東京・ぴあアリーナMMと大阪・エディオンアリーナにてにて、春のアリーナツアー『ARENA TOUR 2020 SPRING WELCOME TO THE BULLET TRAIN DINER』が予定されており、さまざまな方面で話題を振りまいている超特急が、今年もオフィシャルカレンダーを発売することが決定した。

2020年4月スタートのカレンダーは、超特急カレンダー史上初となる“壁掛けタイプ”の「通常版(マンスリーカレンダー)」と、週めくりで毎週さまざまなメンバーの表情を見ることができる“卓上タイプ”の「ファンクラブ版(ウィークリーカレンダー)」の2種類展開。どちらも「超特急と過ごす1年」をテーマに、シーズンごとのスタイリングや四季折々のシチュエーションでカレンダーならではの“季節感”が楽しめる。

表紙は“春”の新生活を感じさせるような、リラックスしたメンバーたちの爽やかな1枚となっている。なおファンクラブ版の表紙は後日公開予定。


■超特急 オフィシャルカレンダー 2020.4→2021.3
発売日:2020年3月22日(日)
価格:2500円+税(税込2750円)
仕様・ページ数:
<通常版> A3リング綴じ壁掛け(マンスリーカレンダー/表紙+13ページ)
<ファンクラブ版> A5リング綴じ卓上(ウィークリーカレンダー/表紙+56ページ)
発行:SDP
※通常版とファンクラブ版の2種類(すべてのページが異なります)。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ