中村倫也、Web動画で気分屋探偵に「本業でも滅多にないテンション(笑)」

芸能総合 公開日:2020/02/17 36
この記事を
クリップ

ニキビ一緒に治そうProjectは、2020年2月17日(月)より、中村倫也出演ニキビ治療啓発Web動画『ニキビは肌のラビリンス』を公開する。




本Web動画では、暇すぎる探偵事務所の探偵と、しっかり者の助手が、多くの10代が気になっている「何度も同じような場所にできるニキビの謎」に挑む様子が描かれている。探偵役には、俳優・中村倫也、助手役には遠藤健慎を起用。15秒の予告編・ダイジェスト動画2本、60秒のプロローグ動画1本に加え、6秒の予告編動画、計6本が公開。


また、動画公開に合わせて、撮影の裏側をおさめたメイキング&インタビュー動画も。


<中村倫也インタビュー>

―――撮影を振り返って、印象に残ったエピソードなどはございますか?

僕も助手もこの机を「ドンッ」って熱量ある拳で叩きながらセリフを言うシーンあったんですけど、その度にこれ(卓上のベル)が、ずっと鳴るんですよ。(チーンというベルの音)それが楽しかったですね。もの凄く頑張っているのに「チーン」って小さい音でなっているので、なんか、良い意味でバカバカしくて楽しかったです。


―――今回撮影したWEB動画で、注目してほしいポイントはございますか?

本業でも滅多にないテンションで、追跡している場面ですかね(笑)。一生懸命“コメド”っていうものを追いかけているんですけれど、演劇やっているのかっていう位のテンションでお送りさせていただいています。ドラマでも映画でもあまり無いテイストになっていると思うので、それに注目してほしいですね。


(森についての質問を受け)ああ、森ね!ぬかるんでいました。多分そこそこ高い靴を用意していただいたと思うので、気を使いながら走りました(笑)。


―――ニキビで悩んでいる人に一言お願いします。

ニキビに悩まれている方、多いと思います。もちろん、この動画をみて勉強していただいたり、また、僕らと一緒にWEBの方でも楽しいことしながら、ニキビのことを知ることができるコンテンツがあるみたいなので、そちらの方も楽しんでいただきたいです。どうしてもやっぱり、専門的なことは、自分で判断できないと思うので、是非悩まれている方は皮膚科のお医者さんに診てもらって、良い治療をしていただければと思います。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 29件)

関連タグ