小関裕太&松岡広大が涙、アミューズ若手俳優大集合「ハンサムライブ」でファンに再会誓う

芸能総合 公開日:2020/02/17 54
この記事を
クリップ



『Thrill』の歌唱が終わると、ゲストのチーム・ハンサム!達がひとりひとり一言挨拶。

トークの後は、ハンサム恒例のゲームコーナーに。チーム正木、チーム太田の2チームに分かれ、『キュンファイDEATHマッチ』でバトルをすることに。ゲームのルールは、与えられたシチュエーションに沿って即興で芝居を行い、より多くの観客をキュンキュンさせたほうが勝利というシンプルなもの。

第1回戦目は、正木チームからは男性役に松岡、女性役に細田、太田チームからは男役に太田、女役に藤原が指名された。シチュエーションは「幼馴染の2人。生まれて初めての告白に敗れ、落ち込んでいる彼女に長年の想いを伝える一言」が指定され、即興演技対決がスタート。

先攻は正木チーム。松岡が細田に「お前が悲しい顔すると俺も悲しいんだよ、大好き」と激甘台詞で告白の後、後ろからハグ。その様子に会場は黄色い歓声で沸くも、当の松岡は「なんかさ、もうだめだ~!もう苦手なんだよ!」と照れ臭そうな様子。

続く太田チーム女性役の藤原の可愛さに一同メロメロな様子。その反応に会場からも「かわいい~!」と大歓声。「ドキドキじゃなくて、大祐がかわいい!」とハンサム一同もかわいさに絶賛しきりの様子だった。

勝負の勝敗は、会場の観客の拍手の大きさで決定。一回戦目は正木チーム、太田チームの拍手の大きさが変わらず、引き分けという結果に。



そして勝敗を決する二回戦目。正木チームからは男性役に正木、女性役に石賀が指名され、太田チームからは男性役に渡邊、女性役に小関が指名された。二回戦目のお題は「新入社員の同期の2人。仕事で失敗し落ち込んでる彼女に一言」というもの。

先行の正木チームは、正木が石賀をバックハグする場面もあり、歓声で沸いた。続く太田チーム。演技直前まで小関らは調整をしていたようで、カメラマンにカメラワークまで指示。小関を叱る上司役に松島も登場し、最後は渡邊が「お前の心も俺のもの」と決め台詞を言い、後ろから抱き寄せ最後にキスをしようとする。その様子に会場は今日一番の歓声が巻き起こった。

ファンの投票の結果、小関・渡邊の勝利。ゲーム対決は太田チームが勝利し終了した。

3/4ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)