小関裕太&松岡広大が涙、アミューズ若手俳優大集合「ハンサムライブ」でファンに再会誓う

芸能総合 公開日:2020/02/17 29
この記事を
クリップ


オープニング映像では、ハンサムたちがレストランのシェフ、ウエイターに扮しファンをおもてなしするところからスタート。

一曲目の『Beautiful Stranger』は、チーム・ハンサム!2020が全員集合でキレのある揃ったダンスでファンを魅了。続く『THIS IS THE TIME (2019 Remix)』、『Brand New World』では手拍子やコール&レスポンスでファンを熱狂させた。

16日の夜公演のみの参加となった松岡は「やっと出れたよみんな~!ビシャビシャなんじゃないの?もっと俺が濡れさせてあげる」と観客を煽ると、小関は「『Beautiful Stranger』の時にで『ファイナル!』って言おうとしたけど言えなかった」とお茶目な一面をみせた。また、ハンサムライブ初出演の渡邉が話し出すと、観客からは「かわいい!」の歓声が巻き起こり、渡邉は「今日はこの会場中のかわいいを吸い取っていきます!」と挨拶した。

MCは太田と正木の2人が担当。MCの2人は「一緒に燃え尽きて、愛し合って帰りましょう!」「忘れられない夜にしようぜ」と観客を煽り、続けて両国国技館ならではの座席の枡席をもじって「マスカルポーネ!」と客席に呼びかけ、会場の笑いを誘った。

続いてユニット曲のコーナーに。『キミノリズム』では制服に着替えた田川、福崎、藤原、細田、三船が元気いっぱいな歌声を披露。『桜の街』では甲斐と小関がデュエット、ピンクのサイリウムが一面に広がり、2人のしっとりした歌声に酔いしれた。続く石賀、甲斐、田川、福崎、細田が歌う『A(C)』の曲の前には、ハンサムの面々が女装したVTRが流れ、会場は大いに沸いた。





続く鈴木、藤原、正木、松岡の『MASQUERADE』では、セクシーなダンスを披露。曲中で松岡がチラりと肩を見せる場面もあり、その色気に会場は大歓声に包まれた。太田
、小関、三船、渡邊の『Secret Kiss』では、ロック調の曲に合わせヘッドバンキングも披露。会場もそれに応えるようにサイリウムを振った。

ライブが中盤に差し掛かるとアニバーサリーゲストとしてチーム・ハンサム!の面々が登場。『ButterFly』では、植原、水田が登場。鈴木、正木、松岡と美声を披露した。『君だけのHERO』では、「帰って来たぞ~!ハンサムヒーロー集合だ~!」の掛け声で猪塚、風間、松島が登場。田川、藤原、細田と共に観客を巻き込みながら勢いのある歌声を披露した。

続いて、桜田が大歓声の中登場。「ハンサム最終日、少しでもみなさんの思い出になるように、心を込めて歌います」と語ると『White Serenade』を石賀、甲斐、小関と歌い上げた。

そして青柳と神木が登場すると、会場からは大歓声が上がった。2人は太田、小関、渡邊と『Thrill』を披露。神木が曲中で観客にウインクをすると、会場は絶叫に近い歓声が巻き起こった。

2/4ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)