広瀬すず&吉沢亮、幼なじみ的距離感で最強の顔面ツーショットを披露

芸能総合 公開日:2020/02/17 8
この記事を
クリップ

広瀬すずと吉沢亮が、2月26日発売の女性グラビア週刊誌『anan』表紙に登場する。





【写真をみる】吉沢亮、26歳誕生日はお酒で豹変?「集合かけたら5分で来い!」


過去に吉沢亮、高橋一生、中村倫也が“恋する瞬間”を表現し、前回は Perfumeの3人の“女子がキレイになる瞬間”が話題を呼んだ「anan モテコスメ大賞」。

今回の表紙&グラビアには、広瀬と吉沢のふたりが登場。ドラマ『なつぞら』で視聴者をキュンとさせた幼なじみ的距離感で、美しすぎる顔をいかんなく披露した。

3月20日公開の映画『一度死んでみた』で 2度目の共演を果たすふたり。ドラマ『なつぞら』に続く共演ということで、今回のグラビアも「また出会えたふたり」をテーマに撮影。久々の再会に恥じらう姿から、まるで固い絆で結ばれたバディのように寄り添う姿、子猫と子犬のようにじゃれあう姿……、様々な“ふたり”を演じてもらう中で改めて気づかされたのは、その美しさ。そして、ふたりを取り巻くさわやかな空気感。普通だったら、これだけ美しいふたりが目の前にいたらちょっと嫌味な感じがしそうなものを、飾らなさや、謙虚な人柄のせいか、まるでくどさがない。そんな息の合ったグラビア、そして美の秘訣を明かした対談となっている。


Ⓒマガジンハウス