神木隆之介、宮藤官九郎から笑いを誘うお祝いコメント「まだまだ新人ということで」

芸能総合 公開日:2020/02/07 11
この記事を
クリップ

1年を通じ映画・テレビ界で活躍したプロデューサーや将来有望な俳優を表彰する「2020年 エランドール賞」の授賞式が2月6日に都内ホテルで開催され、出演した作品の中で新鮮かつ優秀な演技を示した俳優に贈られる新人賞に、神木隆之介ら6人が選出された。




NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で好演した神木のお祝いには、脚本を手掛けた宮藤官九郎が登場。固い握手を交わしたあと、「2歳からお仕事されていて、新人賞。たぶん80歳、90歳までお仕事されるんでしょうから、まだまだ新人ということで、おめでとうございます」と笑いを誘いながらも、「80歳になったら一緒に『やすらぎの郷』みたいな作品をやりましょう」と神木に呼びかけた。

神木のほか、新人賞には安藤サクラ、横浜流星、清原果耶、吉沢亮、橋本環奈の計6人が選ばれた。

<神木隆之介 コメント>
本日はありがとうございます。このような素敵な賞を受賞することができて、本当に光栄で、幸せだなと思っております。受賞できたのも皆様のおかげです。いろいろな作品に出させていただき、お芝居をできるように全力を尽くしていただいた監督はじめ、スタッフの皆様、共演者の皆様、家族、同じ方向を向いて歩んでいるマネージャーさんたち、そして、何より作品を楽しんでくださっている方々、応援してくださっている方々に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもいろいろな役や事に挑戦して、皆様に感動をお届けできるような表現者になっていきたいなと思います。精進します。


(C)東京ニュース通信社


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)