土屋太鳳、初のファンクラブイベントで歌声披露に号泣者続出

芸能総合 公開日:2020/02/05 4
この記事を
クリップ

女優の土屋太鳳が、2月1日、初めてとなるファンクラブイベントを都内にて開催した。


本イベントは、ファンクラブ『Taohoney&moon』の設立と2月3日に迎えた25歳の誕生日を記念し、2部制でのべ1000人のファンと近い距離で過ごすプレミアムイベントとなった。


MCの荘口彰久の進行により、自身の25年間を秘蔵写真とともに振り返るトークや ファンから募った「土屋太鳳の好きなセリフ」を、過去の出演作品の映像とともに本人が生披露したり、ファンたちと掛け合いをしたりと、ファンクラブイベントならではの企画に会場は終始和やかな空気に包まれていた。


そして、ステージ上にキーボードが登場すると、「皆さんのために弾き語りを初めてしようと思います」という言葉とともに、土屋がカラオケに行くと必ず歌うという『We Are The World』を弾き語りでサプライズ披露。


最後には、2014年に出演したNHK BS プレミアム ドラマ『今夜は心だけ抱いて』の主題歌『飾らない愛』を、ゲストのいであやかとともに歌唱。土屋のその切なげな表情、語りかける歌声に、号泣するファンが続出した。


終演後には、ファン一人一人にお土産を手渡ししながら見送るというさらなるサプライズが。真っ直ぐな目で「ありがとう」「いってらっしゃい」と声をかけながら、参加したファンに最後まで寄り添う、土屋太鳳らしいファンクラブイベントとなった。




同日オープンしたファンクラブ『Taohoney&moon』では、土屋が 6 月に出演する、夏木マリ演出の舞台『印象派 NÉO vol.4「The Last of Pinocchio ピノキオの終わり」』のチケット先行受付を実施中。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ