乃木坂46 与田祐希、ほぼ顔!“接近表紙”は「駆け引きをしている感じで」

芸能総合 公開日:2020/02/05 16
この記事を
クリップ

乃木坂46の与田祐希が、2月10日(月)発売の雑誌「CMNOW vol.203」(玄光社)の表紙&巻頭特集に登場する。2018年8月以来、2度目の表紙登場となる与田。前回は山下美月とのペア表紙だったが、今回は初の単独表紙。表紙の写真は、ほぼ顔!という思い切った一枚。1982年のCMNOW創刊以来、最も寄った“接近表紙”となった。

今回ドアップ撮影をするにあたって、編集部は“まだ付き合ってない4度目のデート”というテーマを設定。与田は「告白するのか、させようとするのか。ちょっと小悪魔風に、駆け引きみたいなことをしている感じで撮影しました」とコメント。大人っぽい表情で魅せる与田に「す、すごい!」とスタッフから唸り声も上がっていた。


インタビューでは出演CMやドラマについてや、これからの乃木坂46を背負う3期生としての意気込み、メンバーと月1で開催している「肉会」、イタリアでの2nd写真集撮影の裏話など、盛りだくさんの内容だ。

他、今号の付録は、JR SKISKI 浜辺美波×岡田健史クリアファイル。2人のペアインタビューも掲載。

また、乃木坂46の4期生から柴田柚菜&清宮レイが初登場。テーマは「親から引き継いだカフェを切り盛りする仲良し姉妹」という設定で、実際のカフェを貸し切って撮影。お店を掃除したり、レジに立ったり、ふざけ合ったりと、まるで本物の姉妹のようだった。


■「CMNOW Vol.203」
発売日:2020年2月10日発売


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)