中村倫也 斎藤工 菅田将暉…“色男”ばかりを撮り下ろした奇跡の写真集が発売前大増刷

芸能総合 公開日:2020/01/31 76
この記事を
クリップ

<永山瑛太 コメント(Oggi2月号掲載)>
「蜷川実花さんとは、この『悪い男』の撮影の前に他の雑誌で10年越しに再会したばかり。こんなに近い間に撮影が続くのは、今が“そういう時期”なんだ、ということを思わずにはいられなかった。ふだんから、蜷川さんのいろんな作品、ご活躍、お仕事を拝見する際に、蜷川さんがそのときどういうことを考えているかを垣間見る。そういうところで、ちょうど今、面白いことが一緒にできるんじゃないかと。今回すごく面白いと思えたのは『悪い男』というテーマだ。僕が考える『悪い男』を蜷川さんに写真として伝えてもらう。なんて楽しい遊戯なんだろう」。


<松坂桃李 コメント(Oggi3月号掲載)>
「蜷川実花さんと初めてお会いしたのは約8年前。知り合って随分と経ちますが、撮影していただいたのは今回の『悪い男』を含めてたった2回だけなんです。『すごくお久しぶり!』という感じはしませんでしたが、1カット目、いちばん最初のシャッターを切る瞬間はとても緊張しました。『はじめまして』は勢いで乗り切れる部分があるかもしないけれど、8年経って『変わらないね』じゃ、まずいじゃないですか。会わない間に容姿はもちろん考え方も変わっているし、それが現れているかもしれない。感性の鋭い蜷川さんには、そうやって抱いている不安を見透かされているかも、と、思って焦ったり。そんなことをひっくるめて、大変緊張した8年越しの1カット目でした。蜷川さんにはどう映っているのかな」。


<斎藤工 コメント(Oggi4月号掲載予定)>
「今回の撮影は“一緒に朝食を食べている”という設定でしたが、実は以前、実花さんと僕は『こういうことをしてみたら化学反応が起きるかもね?』と、本当に実践していた時期があったんです。クリエイター同士の試みとして始めたことではあったのですが、そこで見た実花さんがスピーディにお子さんや僕に朝食を作っている姿『母、蜷川実花の現実』を、そのとき僕はとても素敵だと思っていました。実花さんの現場は『よーいスタート』というわかりやすい区切りがなく、日常と撮影本番の“非日常”の境があまりない。なめらかなグラデーションなんです。だから、その現場の設定と日常の自分を限りなく近づけておかないといけない。いつ撮られても嘘がないようにしないといけない。こちらが説明をしなくても、被写体の、その現場に来るまでの前後までくみ取って見えてしまう、というところは、実花さんのすごい才能のひとつだと思っています。この連載も、そんな実花さんだからこそ捉えている、僕の姿が映っているかもしれません」。

■『悪い男』
撮影/蜷川実花 
定価:本体2,700円+税 
2020年2月12日(水)発売
小学館


関連画像:撮影/蜷川実花

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)