劇団4ドル50セント 柿喰う客とコラボ、2作同時上演に「ワチャワチャしてます」

芸能総合 公開日:2020/01/29 6
この記事を
クリップ

秋元康プロデュースの演劇集団として、演技経験がほぼゼロという状態からスタートしながらも旗揚げ公演より高い評価を得る「劇団4ドル50セント」。

各劇団員が映画やドラマなどの俳優業だけでなく、個性に合わせたバラエティ、モデル、音楽など多岐に渡る芸能活動を繰り広げる異色の劇団。

そんな劇団4ドル50セントが、柿喰う客とのコラボ公演『学芸会レーベル』『アセリ教育』の2作品同時上演にあたるとあり、劇団員の福島雪菜、湯川玲菜、立野沙紀、仲美海を直撃した。





―1月30日より『学芸会レーベル』『アセリ教育』2作品同時上演決定ということで、まずはおめでとうございます。

劇団4ドル50セント

ありがとうございます!


―今回は劇団4ドル50セントと柿喰う客とのコラボ公演です。公演まであと僅かという現在、現場の雰囲気などいかがでしょう。

福島雪菜

今は結構、ワチャワチャしてます。柿喰う客メンバーさんであったり、客演の方であったり年上の男性が多かったので、4ドルからは女子メンバーだけの参加だったということもあり、最初はちょっと圧倒されて稽古場の隅っこに居たりとかもしたんですけど…、今は全然で「おっはよーございまーす!」みたいな感じで(笑)

仲美海

私だけ最近まで隅っこにいました(笑)それでも『学芸会レーベル』メンバーで餃子を食べに行って、そこで打ち解けることが出来た印象です。

立野沙紀

私も人見知りだったりするので、未だに緊張しちゃうことはありますね。それでもみんな優しくて沢山話しかけてくれるんですよ。なので自分からも話しかけなくちゃなと思っています。

湯川玲菜

客演の広川碧さんが頻繁に話しかけてくださるので、温かい雰囲気で迎えられている感じがします。



―2作同時上演という異色作ですが、演じる上での難しさなどはいかがですか?

福島雪菜

演出家の中屋敷法仁さんが、「せっかく2つ出るなら、違うキャラのほうが良い」という思いを持っていらして、私だけでなく2作品に出させてもらうみんなは、作品ごとに全然違う役をもらっているんです。それでも中屋敷さんは「せっかく2つキャラがあるんだから、ちょっと匂わせたい」という思いもお持ちで、全然違う2作品でのキャラクターなんですが、少しだけもう一つの作品でのキャラを連想させるような“要素”を盛り込むといった“遊び”をいれてくれました。演じる大変さも大きいですが、その分楽しみと喜びも大きいです。

湯川玲菜

2作品の稽古は別々なので、私達一つの作品にしか出ない組は、もう一つの作品のことがあまりわかっていないんです。少し見た感じではだいぶ違いますね!『学芸会レーベル』の方はミュージカルみたい。楽しそう。

仲美海

楽しそうに見えて稽古は大変なんですよ!

一同

(笑)

立野沙紀

『アセリ教育』はダンス作品だって中屋敷さんがおっしゃっているので、動きが大変ですね。タイトルにもある通り、舞台の雰囲気も終始緊迫した“アセリ”がありますし。



―みなさんの挑む作品のお話が少し出ましたが、お一人ずつご自身が挑まれるキャラクターについて教えて下さい。

福島雪菜

『学芸会レーベル』では、みゆきせんせいという“伝説の女”に挑ませていただきます。幼稚園にやってきて色んな人を巻き込みながら、幼稚園を乱していく、そして“学芸会”というものに挑戦していくという役です。『アセリ教育』では白眉毛ヨシコというすごい名前の役をやらせていただきます。この作品には神童甲之助という絶対的主人公がいて、全員が彼に学力勝負を挑むという王道バトル作品になっています。白眉毛ヨシコはそんな神童甲之助のライバルの一人です。

湯川玲菜

私は『アセリ教育』で“生徒”というくくりで、おバカチーム、“チームコント”のいち員です。今までの舞台では任されなかったような“みんなを引っ張る役”があったかと思えば、主人公の神童甲之助に戦いを挑む役であったり、おバカな役であったり色々な役をやらせていただきます。

福島雪菜

たぶん一番大変だよね!一人で何役やるんだっけ?

湯川玲菜

もう数え切れない(笑)どのシーンにも出てないことが無いんじゃないかというくらいです。衣装の早着替えも大変なので、舞台裏でもアセっています。

一同

(笑)

立野沙紀

私は『アセリ教育』の主人公、神童甲之助のお母さん役、神童ウメをやらせていただきます。今まで演じてきた役とは違い、一歩下がったところから見守るお母さんという立ち位置になります。お話自体は大半の登場人物がアセっているというスピード感が凄いんですけど、私が出ているシーンは、少しお客さんがほっと出来る部分になるように意識して頑張りたいです。

仲美海

私は『学芸会レーベル』で、あゆみせんせいをやらせていただきます。名前から…、かわいいです!

一同

(笑)

仲美海

かわいいんですが、言葉遣いとか、インパクトの強いセリフが多いんです。過去と現在を回想で行き来する場面もあるんですが、1年前はすっごくかわいいんです。ところが…、現在は違う一面が現れています。情緒不安定なところや、かんざきせんせい対みゆきせんせいといった複雑な人間関係も楽しんで頂けるポイントです。他にも、おさむせんせいに思いを寄せる恋模様や三角関係も見どころの一つになっています。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)