岩田剛典、吉野家の「牛カルビ定食」を男らしくかき込む

芸能総合 公開日:2020/01/28 26
この記事を
クリップ

EXILE/三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典が吉野家の2020年のCMキャラクターを務めることが発表された。また、岩田が出演する新TVCM第一弾として、1月29日(水)11時より「がっつく牛カルビ定食」篇の放映がスタートする。


学生時代から現在まで吉野家に通い詰めていると公言する岩田。新TVCMでは、新TVCMでは、仕事終わりの夜、吉野家に来店した岩田がタイトル通り「牛カルビ定食」をがっつり食べる様子を捉えた内容となっている。

今回のCMは岩田本人も言及しているように「恥ずかしいくらいに(岩田の顔の)どアップが多いCM」。岩田の豪快な食べっぷりに加え、うまさゆえに見せる至福の表情や思わず発したリアルなコメントにも注目したい。


<岩田剛典 コメント(メイキングムービーより抜粋)>
本当に驚きました。学生時代から通い詰めた吉野家さんなので、まさかこんなお話をいただけるなんて夢のようでしたし、でも、今まで食べてきた自負があるのでしっかりと吉野家の牛丼の良さを伝えられる自信はあるなと勝手ながら思っています。


■制作現場レポート
<食べる姿が美しすぎる!と監督・スタッフ一同が大絶賛した食事シーン>

新TVCMのメインとなっている岩田が「牛カルビ定食」を口いっぱいに頬張るシーン。大胆に大きく口を開ける岩田の食べっぷりはしっかりと美味しさが伝わり、さらに美しい!と監督やスタッフから大絶賛。岩田にコツを聴くと、「普段以上に男らしく、荒々しく、3日位断食した末の人のような食べっぷりを見せる」とコメント。その言葉通り、前日の夜からお腹を空かせてきたという岩田は、「牛カルビ定食」を男らしくかき込んだ。

<食べた後の感想はアドリブ!?決め台詞の演技パターンも自ら提案>
岩田が「牛カルビ定食」を食べた後の感想は、自身がアドリブで発した言葉。数種類の台詞や言い方の変化の中で、実際にCM本編で採用された心からの「うまっ…」が出ると、監督も思わず指をグッドポーズにして絶賛した。また、ラストの『夜割』に関する決め台詞「ラッキー」のテイクでは、監督から「高めのテンションで」という要望があった中、思うようなものが撮れない岩田。そこで自らクールなパターンを提案し撮影してみると、岩田らしくかっこいい「ラッキー!」が飛び出し、当初とは違うパターンながら見事CM本編で採用された。

<ミステイクの少ない撮影現場、岩田が苦戦したのは・・・?>
順調に進む撮影の中、岩田が唯一苦戦したのは、牛皿から牛カルビを取りご飯の上に盛り付けるシーン。その豪快な食べっぷりに比例するように、思わず牛カルビを沢山取りすぎてしまい、店内は一気に笑いに包まれた。しかしその他はほとんどミステイクもなく、岩田の素晴らしい演技力が十分に発揮されていた。







※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)