今田美桜、集大成となったラスト水着写真集に自信「100点満点でございます!」

芸能総合 公開日:2020/01/25 15
この記事を
クリップ

“福岡で一番かわいい女の子”としてブレイクし、ドラマ・CM・ファッション誌などで活躍する女優の今田美桜が25日、都内で2nd写真集『ラストショット』(講談社刊)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

タイで撮り下ろされた同写真集は、同性からも支持されるみずみずしい表情、熱気あふれる街でみせる女優としての表現力、リゾート地で披露した貴重な水着姿を収録するなど、決定版かつ保存版になること間違いなしの1冊となっている。




そんな同写真集の見どころを聞かれた今田は「2冊目になるんですけど、ファースト写真集では福岡と沖縄で撮影させていただいて、地元ということもあるので、“原点”をテーマにして撮影したんですけど、今回はタイという外国で私の“現在から未来”をテーマに撮影させていただいたので、そういうのがたくさん詰まっています」と紹介し、「タイのいろんな場所で表情が変わっているので、楽しく撮影させていただいたんですけど、1つの集大成ということで、今回、水着が最後ということもあるので、やり切って撮影したので、自信作になっております」とアピールした。

お気に入りにはプールでのカットを挙げ「私自身、本当はあまり泳げないんですけど、スタッフさんに泳ぎを教えてもらったりして、少し泳げるようになりまして、その嬉しい表情をしているんですけど、最後の最後の撮影で1つ成長できたなと思ってすごく嬉しかったです」と声を弾ませ、「本当に少しで、まだ泳げましたとは言えないかもしれないんですけど、第一歩としては成長できたんじゃないかなと思っています(笑)」と笑顔を見せた。

ほかに印象的だったエピソードを聞かれると、裏表紙にもなっている夕陽をバックに撮影したカットを挙げ「この夕焼けを見たくてこの海に行こうって言っていたんですけど、この日はちょうど曇りで、実際はこんなに夕陽が見えていなくて、しばらく待ったんですけど、もうでないかなと思っていたら、ほんの数分だけ夕陽が覗いてくれて、その数分で撮った写真なので、お気に入りカットの1つでもありますし、思い出深い場所でもあります」と嬉しそうに語った。

また、撮影するにあたり事前に準備したことを尋ねられると「グラビアで水着もラストということだったので、食事制限だったりはしました」といい、ジムにも通ったそうで「普段、あまりジムに行くのが得意ではないんですけど、今回は体幹を鍛えたり、少しでもよく見せられたらなと思ってジムに通いました」と努力を明かした。

さらに、同写真集に自己採点をするようお願いされると「もちろん100点満点でございます!」と胸を張り、「私の中では1つの集大成、1つの区切りとして、今回、水着が最後なんですけど、今まで勉強してきたことだったり、すべてが詰まっていると思いますし、タイトルを上京してきて育ててくれた社長が付けてくれたんですけど、本当にぴったりなタイトルになっているので、それを感じ取ってもらえたらなと思うので100点満点です」と満足げな表情を浮かべた。

加えて、発売3日で2度目の重版がされ累計5万部に達するなど、好評を博していることについての感想を求められると「正直びっくりもしていますし、自分の写真集がたくさんの人に届いているんだなと思うとすごく嬉しいので、重版が決まったと聞いたときに事務所の方とすごく喜びました」と目を輝かせ、男性のみならず女性からも絶賛の声が届いているそうで「ファッションやメイクだったり、いろんな表情もあったりするので、女性も楽しんでいただける写真集なんじゃないかなと思っています」と語った。

この記事の画像一覧 (全 23件)

関連タグ