指原莉乃、“下手すぎ”と酷評されたこととは?3年で進化

芸能総合 公開日:2020/01/15 13
この記事を
クリップ

タレントの指原莉乃が15日、都内で行われた日本コカ・コーラ「からだすこやか茶W」の新CM発表会にお笑いコンビ・オアシズの大久保佳代子とともに出席した。

指原が同商品のCMキャラクターを務めるのは3年目。これまで1人で出演していたが、今回は大久保が新たに加わった。指原は「もう3年目なんだっていう驚き、色んな方に『飲んでいるよ』と言われる喜び、そして今回は安心感が加わっていつも以上に楽しい撮影だった」と笑顔をみせた。




定食屋の女将役として登場する大久保は、「CMってだけでうれしいですよね。ありがたいですよね」と感謝。指原とはこれまで何度もバラエティー番組などで共演しているため「知っている子がいると思って安心して撮影に行きました」と安堵しつつ、「まぁ、仲がいいかっていうとアレですけど…」と言葉を濁して笑わせた。

2人はCMで使用される「からだすこやか茶~ダブル~♪」というおなじみのサウンドロゴを口ずさんでいるが、大久保は「おなじみのメロディーなので自分で歌えるんだと思ったら感動と変な緊張があった」とドキドキ。すると指原も「私がCMを担当させていただく前からずっとこのサウンドロゴだった。私も初めて歌う時はすごい緊張した。1年目はめっちゃ下手で、色んな人から『その歌下手すぎない?』って連絡がくるくらいだった」と酷評だったことを苦笑いで告白。「3年目はパワーアップしたんだぞって。ぜひ注目して」とアピールした。

この日は「ランチ」についてトークを展開。指原は「コンビニランチを食べることがすごく多い。めちゃくちゃ体にいいわけではないって分かっているけど、時間がないのがどうしようもない。できればランチは素敵な、満足できるものを食べたい」と語った。一方、大久保は「OLをやっていたので時間がなかったり、仲良しの友達と同じタイミングで休憩がとれない時はコンビニで買っていた。一人で公園で食べていましたね」と振り返った。

2人が出演する新CM「サクッとランチ2020」「しっかりランチ2020」篇は1月20日から全国で放送開始。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 32件)