キスマイ玉森裕太、7人だけの慰安旅行で“プリクラ撮影”を提案「みんなで携帯の裏に貼ろう」

芸能総合 公開日:2020/01/10 33
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第49話は「キスどき慰安旅行~7人だけの自由すぎる旅~」、「いきなりクイズ」の二本立て。


「キスマイどきどきーん!」がまもなく配信1周年を迎えるということで、これまでのメンバーの労をねぎらう「キスどき慰安旅行~7人だけの自由すぎる旅~」が、前回に引き続き配信された。




前回配信では、一同は目的地を群馬に決め、キャンピングカーに乗り込み移動開始。車の中ではキスマイの曲でイントロクイズをするなど大盛り上がり。横尾渉の希望により、群馬のご当地グルメである水沢うどんを堪能した。


食事が落ち着き、次の目的地を決めることにするが、玉森裕太が希望していた「激流でラフティング」は、ロケ当日が悪天候だったために断念。その代替案として玉森は「プリクラ撮りたい!プリクラ撮ってみんなで携帯の裏に貼ろう」と提案。群馬県にあるレジャー施設を探し、撮影しに行くことに。


また、一同は「お土産も欲しい」とリクエスト。すると宮田俊哉が近くに手作りの雑貨が作れるお店を発見。すると、北山宏光が撮影許可をもらうために施設に電話で交渉を始める。電話口で北山は「北山です」と名乗ったが、「北村さん?」と呼び間違えられるハプニングもあったが、施設から撮影の許可がもらえ、キスマイ達はプリクラ撮影前に雑貨作りをすることに。


今回の旅のルールとして「支払いは自分たちでする」と決められているため、宮田が代表して会計を済ませると、最後に藤ヶ谷太輔が集合写真の撮影を提案。うどん屋でこの旅初めての集合写真を撮影し、一同は次の目的地へ移動する。

1/2ページ