キスマイ二階堂高嗣に一体何が…!?和やかな撮影現場が大荒れ「人間関係ぐちゃぐちゃ」

芸能総合 公開日:2019/12/27 11
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、子どもたちとあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第47話は「キスマイ監き~ん」、「美男子ポーズまで3秒前」の二本立て。




「キスマイ監き~ん」は、極限状態に陥った人間がどのような能力を発揮するかをキスマイメンバーが体当たりで検証する企画。今回、二階堂高嗣、宮田俊哉、横尾渉の3人が極限状態に挑む。


今回3人が連れられた監禁部屋には、かわいらしい一匹のチワワが。「癒し監き~ん!?」と3人は期待すると、チワワの首には指令の手紙が…


その手紙には「カレンダー用に犬との写真を6枚撮れたら部屋から出してあげる」と記されていた。撮影のルールは、犬は座らせること、シャッターを押す瞬間に犬を押さえつけてはいけない、背景に空き缶を積み上げて作った各月の数字を入れること、一定時間がたつと季節のアイテムが追加される、そして、時間は無制限という5つ。


まずは、二階堂・宮田が空き缶で各月の数字作りを担当し、ペット介護士の資格を持つ横尾が犬にお座りを教えることに。役割を分担し、奮闘していると1月、2月の撮影アイテムとして門松の置物や、鬼のコスプレ衣装が追加され、3人は急いで撮影準備を進める。


そしてセッティングが終わり、いざ撮影!しかし、最初の撮影で横尾がシャッターを押した瞬間に犬を触ってしまい、失敗となってしまう。その後、2回目の撮影で無事成功。1月・2月の撮影はスムーズに終了した。


「やったー!」と喜びもつかの間、3月・4月の撮影をしようとすると、チワワに加えて柴犬が登場。この企画は、撮影が成功する度に、異なる種類の犬が一匹ずつ追加されるのであった…!


どんどん増えていく犬と、追加されていく小道具に3人は翻弄されてしまう。そしてある事件をきっかけに、撮影現場は「それはないわ!喧嘩だね」「人間関係ぐちゃぐちゃ」と殺伐した雰囲気になってしまう…。果たして一体3人に何が起きたのだろうか…!?詳しくは本編をチェックしてみていただきたい。

1/2ページ