おのののか、ラジオ初レギュラー「心温まる場所になりますように」

芸能総合 公開日:2019/12/24 6
この記事を
クリップ

TOKYO FMでは、1月6日(土)より、新番組『ねるまえのまえ』(毎週月~木20時00分~21時30分)をスタートする。


1月6日スタートのTOKYO FM新レギュラーワイド番組『ねるまえのまえ』(毎週月~木20時00分~21時30分)は、パーソナリティのおのののか(月・火担当)と関取花(水・木担当)が、ひとりで過ごす、寝る前の前の時間帯に、それぞれのお部屋とつながる番組。

1日の仕事を終えて帰宅し、夕食を食べてほっと一息…自由な一方、ふと感じる静寂。自分の好きに過ごしたい、でも誰かとつながっていたい。そんな東京の夜8時、寝る前の前の時間帯に、『ねるまえのまえ』は、それぞれのお部屋と、声でつながる。


新番組への意気込みを、おのののかは、「ラジオ番組をひとりで担当させて頂くのは初めてでとても緊張していますが、それがひとつの目標でもあったので本当に嬉しいです。顔がみえないからこそ、心から話せることもあると思います。友達にも言えないくらい悲しいことだって、生きていればあるし、友達に言うほどでもない、ちょっとした嬉しいことも聴いてほしいときだってありますよね。月曜火曜担当ということで、週のはじまりだからこそ、力を抜いてゆる~くおしゃべりしながら、“ととのえて”いきましょう。みなさんの心温まる場所になりますように。」

関取花は「ラジオのレギュラー生放送は初。ラジオっ子で夢だったので嬉しい。今回、番組スタッフが歳の近い女性たちで、新しい番組を同世代の女性スタッフと作り上げていけるのも嬉しい。リスナーと近い距離でお届けしたい。寝る前の前、リラックスして、部屋着ですっぴんで、友達と話しているように聴いてほしい」と語った。

TOKYO FM新レギュラーワイド番組『ねるまえのまえ』(毎週月~木20時00分~21時30分)は1月6日からスタート。





※本記事は掲載時点の情報です。