倉持由香『フォートナイト』で田村淳に盾にされ「ハマりそう!」と興奮

芸能総合 公開日:2019/12/16 3
この記事を
クリップ

この度、12月26日(木)に行われる「#Twitterトレンド大賞」の発表を盛り上げるため、11月30日より全5回にわたり配信されている事前番組の第4回目である「#Twitterトレンド大賞 エンタメトレンド2019」を公式Twitterアカウントにて生配信した。

本番組では、「エンタメ」をテーマにトレンドワードをピックアップしながら、全回共通MCの田村淳と、天の声パンサーの向井慧、ファミ通編集長の林克彦、コメンテーターの吉田豪、グラビアアイドルの倉持由香、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのELLY/CrazyBOY、芸人の椿鬼奴がトークを交えながら2019年を振り返った。 番組内では月ごとにトレンドワードを紹介し、話題になった事柄をスタジオゲスト陣が掘り下げた。




番組冒頭で興味のある分野の話題を振られた際、田村淳は「ある番組で林編集長と知り合ったんですが、ゲームでバチバチにやり合ってます!」と発言。それに対し、林克彦は「今のところ僕は負けてないですけどね」と発言し、会場に笑いが沸き起こっていた。


<番組内で取り上げたトレンドワード>

◆1月:#夢しかない
『キングダムハーツⅢ』の発売に合わせ新聞広告の一面に掲載されたコピー「夢しかない」が話題となった。

ナンバリングタイトル以外にもスピンオフ作品が出ているシリーズで、ナンバリングタイトルの発売は実に14年ぶりということもあり、『Ⅰ、Ⅱをプレイした上でⅢをプレイしたけどⅢのシナリオが理解できない』というツイートが取り上げられると、「(関連作品が多いため)ストーリーとして壮大になってしまっているけどⅢだけでも楽しめる作品です」と林克彦は解説。

◆2月:#ドラクエ映画化、#主演男優賞
国民的ゲームタイトル『ドラゴンクエスト』の映画化/『ボヘミアンラプソディ』で主演を演じたラミ・マレックがアカデミー賞主演男優賞を受賞し、それぞれ話題に。

各方面から期待されていた国民的ゲームタイトルである『ドラゴンクエスト』に対するツイートが紹介されると、林克彦が「ネタバレになってしまうのでハッキリ言えないんですが、結構インパクトが最後にあったんですよね。こうなるの?!という結末でしたね」と映画を観た感想を述べた。『ボヘミアンラプソディ』の話題では、クイーン愛が強いことで知られる椿鬼奴が「嬉しいとか悲しいとかでもなく、こんな感情にもなるんだ!というくらいに音楽だけで号泣しました」と熱弁した。

◆3月:#五七五オンライン
『五七五オンライン』というオンラインで誰かと一緒に五七五を詠むことができるといった斬新なシステムが評判となったアプリゲームの話題に。

◆4月:#クロノトリガー
平成のゲーム最高の一本に『クロノ・トリガー』が選ばれたことで話題に。

ファミ通による平成のゲーム最高の一本に選ばれた『クロノ・トリガー』が紹介されると、林克彦は「ゲームのクオリティが非常に高く、平成の一本として誰もが納得するものが選ばれました」と自身の思い出も交え平成ゲーム史を振り返った。

◆5月:#ベストアルバム、#きのう何食べた?
嵐のベストアルバム発売/西島秀俊と内野聖陽W主演のテレビドラマ『きのう何食べた?』の第5話が放送され話題に。

嵐が国民的アイドルグループになった魅力の話題になると、吉田豪は「音楽業界の救世主」と嵐の素晴らしさについて評価した。椿鬼奴は#きのう何食べた?について「オカリナは50回以上見たって言ってましたからね!」と芸能界での盛り上がりについても言及。

◆6月:#アメトーーク
世間を賑わせたよしもと騒動を受けての最初の『アメトーーク!』の放送が話題となりトレンド入り。

タレントに不祥事が起きた際のテレビの対応についての話題になると、田村淳は「いや大変だったと思いますよスタッフさん!」とスタッフに対する気遣いを見せる場面が。

◆7月のトレンドワードとしてノミネートされた『フォートナイト』をプレイするミニコーナー。
コーナー内では、世界大会で27位の成績を残したELLYがゲスト出演した。田村淳と倉持由香がELLY軍団として参戦し、視聴者参加型で対戦を繰り広げた。

コーナー裏では『カメラを止めるな!』の監督として話題となった上田監督の話題に。吉田豪が10年前に上田監督と知り合っていたという事実を話し、会場が驚きに包まれていた。フォートナイトのプレイでは、田村淳が倉持を担ぎ盾にすることで生き延びるなど、会場には笑いが沸き起こりながらも、ELLYのサポートにより楽しむことができ「ハマりそうだなあ」とコメント。さらに「ELLYが短時間ですごくいい家建てるんですよ!」とコメントし、笑いを誘っていた。



◆8月:#morningmusume19
国内最大級のロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」に出演したモーニング娘。'19のパフォーマンスが話題に。

MCなしの14曲ぶっ通しのパフォーマンスがロックファンの心を掴んだという関連のツイートが紹介されると、吉田豪は「体力をはじめとしてレベルが違うんですよね。圧倒的なレベルで恐ろしい人たちですよね」とモーニング娘。'19の魅力を伝えた。

◆9月:#あな番最終回
テレビドラマ『あなたの番です』の最終回が賛否両論と話題に。

『あなたの番です』の最終回が放送されると、スッキリしない最終回との意見が続出。これを受けて実際に自身も視聴していたという倉持由香は「Twitter上での視聴者からの考察がとても面白かったんですよ!私は後からまとめて見たんですが、1日で放送全部見るくらいハマりました」と熱狂ぶりをアピール。

◆10月:#クレイジージャーニー、#鬼滅本誌
やらせが発覚したことにより番組を打ち切りにした『クレイジージャーニー』と、週刊連載漫画で人気を博し、アニメ化もしている『鬼滅の刃』の漫画最新話の壮絶な展開が話題となりトレンド入り。

何も成果がなくても見せ方次第で面白くできるのでは、という旨のツイートが紹介されると田村淳は「テレビが結果出さないと放送しちゃいけないという状況に陥っちゃってるんだよね。もう正直に放送するしかないですよね」とバラエティ番組を作る上での線引が難しいことを明かした。アニメを楽しみにしているファンが単行本を読んで衝撃を受け、単行本を読んでいる読者が週刊誌を読んで衝撃を受け、週刊誌を読んでいるファンは毎週衝撃を受ける、というツイートを受けて、アニメ化する前から『鬼滅の刃』の大ファンである椿鬼奴は「止められるまで話しますよ!」と意気込み、「登場人物に恥じないような生き方をしようと思ったり、作中に出てくる技名で過酷なロケを乗り切ったりしました。まさに私のバイブルです!」作品への愛を熱弁していた。

◆11・12月:#アンタッチャブル
アンタッチャブルがコンビとして20年ぶりに共演し、トレンドとなった。

20年ぶりにアンタッチャブルが共演したことを受けて、同業者からの感想ツイートが話題に。アンタッチャブル山﨑との共演も多い田村淳は「普段ザキヤマはアンタッチャブルについては言及したがらないのに、復活後に“復活したね!”と声かけたら“えへへ”と笑っていて、それがすごくよくて印象的だった。」とコメントした。

Twitter公式アカウント:https://twitter.com/TrendAward


【関連商品】

   

この記事の画像一覧 (全 7件)