SixTONES 掟破りの勢いが加速、表紙登場の『anan』の緊急重版決定

芸能総合 公開日:2019/12/13 7
この記事を
クリップ

来年の1月22日にCDデビューするSixTONESが表紙を飾った『anan』2180号「熱狂の秘密。」特集が、緊急重版されることが決定した。



今年の3月27日発売「色気の法則」特集にて『anan』表紙に初登場したSixTONES。表紙登場発表と同時に大反響を呼び、発売日には完売店が続出。その勢いの凄さの中、デビュー前のジャニーズJr.として初めての週刊誌重版を成し遂げたSixTONES。それから約9か月、CDデビュー直前のタイミングで、2度目の『anan』の表紙に登場。デビュー前のアーティストが、2回表紙を飾るのも史上初。掟破りの勢いとなった。

『anan』2180号「熱狂の秘密。」特集は、世の中で”熱狂”を巻き起こしている人やモノ、作品などについて読み解き、いま圧倒的支持を得ているアーティスト考察から、世界が夢中になっているモノ、人、コトを特集。SixTONESの前回の表紙号が重版になった人気を踏まえて、大幅に部数増があったにもかかわらず、表紙登場発表後、ネット書店では発売前に販売予定数に達し品切れ状態となった。

さらに全国書店でSixTONES表紙の『anan』の多面展開を実施。書店に読者が殺到し、初日で約半分売り切れる現象に。発売2日目には、完売、品薄店が多数発生。現在、書店様からの追加注文が殺到しており、緊急重版が決定した。

販売期間の短い週刊サイクルで、重版行うことは非常にハードルが高く、そのため『anan』49 年の歴史の中で、2017 年までは、重版したのは1回のみとなっていたが、近年、話題の人物が話題のタイミングで登場した時の勢いが加速度的に増しており、2018 年~2019 年にかけて、相次いで“週刊誌重版”という掟破りが続いている。

今回のSixTONES「熱狂の秘密。」(2180号/2019年)は、櫻井翔「オトコノカラダ」(1693号/2010年)、King&Prince「最強の出会い」(2103号/2018年)、SixTONES「色気の法則」(2145号/2019年)、SnowMan「NEXTジェネレーション2019」(2157号/2019年)、中島健人、菊池風磨「相性(バディ)の化学反応」(2165号/2019年)に続き、7度目となる。今回の重版分が店頭に並ぶのは、12月24日頃を予定している。


(C)マガジンハウス



※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ