広瀬すず、2019年"最も美しい顔"へ 朝ドラ、舞台振り返り「ふんばる瞬間多かった」

芸能総合 公開日:2019/12/13 6
この記事を
クリップ

女優の広瀬すずが13日、都内で行われた「VOCE BEST COSMETICS AWARDS2019」にて、美容雑誌「VOCE」が選ぶ「2019年の"最も美しい顔"」に選出された。


「2019年の"最も美しい顔"」は、1年間を通して今年のビューティー界でたくさんの話題を呼び、大きな影響を与えた人に贈られる賞。ノースリーブのホワイトドレスに身を包んだ広瀬は、壇上に上がるとMCの植松晃士から「妖精のよう」と称され、恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべた。


続けてトロフィーを受け取ると「私なんかでよろしいのかと思うくらい、光栄な賞をいただいたなと思います」とコメント。今年を振り返って「長丁場の現場が多かったので、今までとはちがう新鮮な1年でもありました。辛抱強くなりました」と話した。


加えて「朝ドラや、初舞台もやらせていただいたので、ふんばる瞬間が多かったです。今まで見たことのない景色も見れました。朝ドラのヒロインも、一生に一回しかできないものなので」と貴重な体験をした1年であったことを打ち明けた。




間近に迫るクリスマスの過ごし方を聞かれると「毎年、サラッて終わっていくので、食べ物などでクリスマスを感じたいなとは思います。ケーキとか、そういうものですら毎年食べないので」と回答。また「洋服が大好きなので、おめかしじゃないけど、好きなものを楽しく着れることがあまりないというか、普段は現場に行くしかないので、好きなものに囲まれて身に付けて過ごしたいなと思います」とファッション面でもクリスマスを楽しみたい胸の内を明かし、顔をほころばせた。


美容への心がけに関しては「『食べて、動いて、寝る』というのはずっと。それが1番大事なのかなって思います」と説明。その他にも「あと、すごく保湿って大事なんだなって思って、最近は時間をかけて、熱を入れてやってます」と紹介した。


さらに来年について「今年はインプットする時間のほうがすごくいっぱいあったので、今年得た物やいただいた物を届けたり、アウトプットする1年にできたらと思います」と宣言。最後にVOCE読者に向けて「みなさんと一緒に自分磨きをして、来年も楽しい心でいられたらいいなと思います」とメッセージを贈った。


なおイベントには、VOCEに“EST”を加えた最上級の称号「VOCEST!」のトップインフルエンサー、「VOCEST!LEGEND」から高橋愛、西川瑞希、伊藤愛真、会社員Aちゃんも登壇した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 23件)

関連タグ