中村倫也、 ハイブランドで着飾り「僕は今日、5割増し」も「これが限界」?!

芸能総合 公開日:2019/12/12 12
この記事を
クリップ

ファッションメディア「ELLE」が、日本の映画界で輝く女優と監督に贈る「エル ベストアクトレス賞」、「エル ベストディレクター賞」、今年目覚ましい活躍をした男性に贈る「エル メン賞」、今後の活躍に期待したい「エル・ガール ライジングスター賞」の4部門を設けた「エル シネマアワード2019」が12日、都内にて開催。俳優の中村倫也、女優の門脇麦、佐久間由衣、映画監督の蜷川実花が各賞を受賞し、登壇した。




「エル メン賞」に輝いた中村。ディオールのタキシードに身を包み、「1個1個着実にというか、すごく不安がいっぱいだったけれど、やったら手応えを感じた1年でした」と今年を回想。「そういう実感はそう持てるものではないと思うので、貴重な経験をたくさんさせていただいた1年だったなと思います」と周囲の人々に感謝した。


さらに「『凪のお暇』と『初めて恋をした日に読む話』と、恋愛ドラマを2本やらせていただいたんですけど、去年までだったら恋愛ドラマに出させていただいても、"○角関係"ってあるじゃないですか。アレに入れない人をやっていたので、そういう意味でも自分に務まるのかという不安というかプレッシャーがありました」とコメント。続けて「街歩いてても『見てました』って言ってくださる方が多いので、良いお仕事が出来たのかなと、一緒に作ってくださった仲間に感謝する出来事でした」と振り返った。


作品ごとの役作りに関しては「切り替えはあまり考えてないかもしれない」という中村。「現場に入ってヘアメイクや服装、美術の力を借りて、カメラの前に立った時にその役になるという感じ」と説明し、この日の自身についても「僕は今日、たぶん5割増し。これが限界ですね」と華やかな衣装で魅力を増幅させていることを明かした。


手元にはVACHERON CONSTANTINの時計が輝いており、中村は「時計は、仕事の時には着替えの時に失くしちゃったりするのが怖いのであまりしないんですけど、プライベートではつけたりしますね。でもこんなに良い物を付けたことないので、心なしか左腕が重いです」と笑いを誘った。


また、「エル・ガール ライジングスター賞」が贈られた佐久間は、ブラックのドレスから美脚をのぞかせ、トロフィーを受け取ると「身に余る光栄な気持ちです。作品の数ではなく、ひとつひとつ丁寧に向き合える作品に出会えたことに改めて感謝したいと思います」と笑顔。デビュー当時はファッションに関心がなかったことにも触れ、現在は「ファッションと映像は切っても切り離せない関係性にあるなと感じています」と胸の内を語った。


13日公開の映画『屍人荘の殺人』で共演している佐久間と中村。中村は佐久間に対して「こんなに華やかな人だとは思っていなかったです。僕、竹馬に乗ってもそんなにスタイリッシュにならないです」と抜群のスタイルを独自の表現で褒めちぎっていた。

この記事の画像一覧 (全 27件)