乃木坂46 高山一実&新内眞衣『ストップ・オレオレ詐欺』決起集会に参加

芸能総合 公開日:2019/12/03 10
この記事を
クリップ

乃木坂46の高山一実、新内眞衣が3日、都内で行われた「ストップ・オレオレ詐欺47〜家族の絆作戦〜」プロジェクトチーム決起集会2019に、杉良太郎、伍代夏子、コロッケ、城島茂(TOKIO)、松本利夫、w-inds.(橘慶太、千葉涼平、緒方龍一)、飯豊まりえとともに出席した。




同チーム(SOS47)は、2018年より全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策をわかりやすく伝え、全国47都道府県警察と連携して特殊詐欺被害を防止するための広報啓発活動を行なっている。

警察庁より特別防犯支援官に委嘱され、日本のさまざまな地域で幅広い世代に特殊詐欺の被害防止に向けた啓発活動を行ってきた乃木坂46。同活動を行ってきて感じたことや、これからへの思いを尋ねられた新内は「私たちはメンバーがたくさんいますので、それぞれのメンバーが各地域に行きましてイベントを行ったりしています」といい、自身もイベントに参加したそうで「小さいお子様からご年配の方までいろんな層の方に来ていただいて、『家に帰ってぜひ親とかおばあちゃんとちゃんと、ちゃんとオレオレ詐欺のことを話してね』って言ったら、元気よく小さい子どもたちが『わかりました』って言ってくれたので、とても意味のあるイベントになったかなと思いますし、これからも続けていこうと思っています」とニッコリ。

同じく、警察庁より特別防犯支援官に委嘱されている城島は、9月末に大阪府で啓発活動を行なったそうで「自分が関西人というのもあり、特に大阪の方ってお金に関してチャッカリしているイメージがありましたが、被害状況を伺ってみると、やはり大阪の人間というのは関係なく、深刻な状況であるということでした」と報告し、「東京や大阪の大都市のみならず、犯罪グループに関しましてはそれぞれの県民性を網羅するくらい存在しているんだなと感じた次第であります。今後はSOS47のメンバーとして、さらに防犯対策の啓発活動をしていければなと思っております」と力を込めた。

また、同イベントでは、新たな制作された啓発動画もお披露目され、母親(五代)が特殊詐欺に遭い、娘(飯豊)の大学進学資金を騙し取られてしまった結果、家族の絆まで失ってしまったという家庭を描いた動画に出演する飯豊は「日頃、被害に遭わないように、例えば合言葉を作ったり、家族だけがわかる言葉を決めるなど、事前に対策ができるはずなのに、できなかった家族を演じて胸が苦しかったですし、この啓発動画をいろんな方に見ていただいて、改めて家族と話して詐欺被害に遭わないように、若い世代が家族を守れるようにお話をし合って決めていただきたいなと思います」と吐露。

さらに、乃木坂46の大園桃子と中村麗乃が架け子役として出演している啓発動画を見た高山は「普段、喋っているときのメンバーの顔と違って、不気味なオーラをまとっている感じがしてびっくりしました」と目を丸くし、「特殊詐欺の犯人って意外な人物だったりするのがこの映像を見たら私もヒシヒシと伝わってきたので、皆さんにも感じていただけたらなと思います」と語った。

この記事の画像一覧 (全 3件)