倖田來未、Jリーグ試合の幕開け飾る!サポーターの声援に「泣きそう」

芸能総合 公開日:2019/12/02 3
この記事を
クリップ

女性シンガーの倖田來未(こうだ・くみ)が11月30日、『2019明治安田生命J1リーグ 第33節 サガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌』に出演し、スペシャルパフォーマンスを披露した。


倖田は試合開始前にダンサーと共に『Bring It On~GOLDFINGER 2019メドレー』を披露し、約18,000人もの来場者を盛り上げ、選手花束贈呈を行い、試合の幕開けを飾った。今回サガン鳥栖は惜しくも敗れてしまったが、試合後に選手や監督、関係者たちとピッチを一周し、記念撮影を行った。


イベント終了後、倖田は「本日、サガン鳥栖ホーム試合最終戦ということで、応援に駆け付けさせて頂きました!サポーターさんの皆さんの声の力を借り、一緒にBRING IT ONを選手の皆さんに、この想い届け!!と願いながら歌いました!!今回もサポーターのみなさんの声援で、試合を盛り上げなければいけないのに、泣きそうなってしまいました。本日はお力添えありがとうございました!!これからも勝利を願って!応援させて頂きます!!」と、自身の感想を述べた。




今回の試合での倖田の出演についてSNSでは「今回もくぅちゃんたくさん見れて嬉しかったです。ありがとうございました!」「くーちゃんきて、ちょー昂りました!来年はもっとたくさんきてください」「ユニフォーム姿かわいい」など、多くの感想が溢れた。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ