デビュー曲がYOSHIKIの楽曲提供で話題のSixTONES、 再び『anan』表紙に登場

芸能総合 公開日:2019/12/02 5
この記事を
クリップ

2020年1月22日にCDデビューを果たすSixTONESが、12月11日発売の『anan』「熱狂の秘密。」特集の表紙に登場する。





SixTONESは、今年3月27日発売「色気の法則」特集にて、『anan』表紙に初登場。表紙登場発表と同時に大反響を呼び、発売日には完売店が続出。その勢いの凄さの中、デビュー前のジャニーズJr.として初めての週刊誌重版(*『anan』創刊 49 年の中では 3 度目)を成し遂げた。それから約9か月、デビュー直前のタイミングで、再び『anan』の表紙に登場する。

特集テーマは、「熱狂の秘密」。現在進行形のデビュー前のホールツアーで5万人動員、2020年新春からはデビュー曲を引っさげて22万人動員のアリーナツアーも決定している彼ら。掟破りのその勢いは、社会現象といえるほどに最大加速中。なぜ彼らは、これほどまでに熱狂を呼ぶのか…その秘密に迫る。デビュー前のアーティストが表紙を2度飾るのは、『anan』49 年の歴史上、初となる。


2015年のグループ結成以降、さまざまな活動を経て、いよいよCDデビューに踏み出したSixTONES。YouTubeアーティストチャンネルやInstagram の開設など、ジャニーズのアイドルグループとして新たな挑戦を続ける一方、舞台やライブでは男らしく、色っぽく観客を魅了。

その攻めたパフォーマンスの虜になる熱烈なファンが急増中。待望のデビュー曲はX JAPAN・YOSHIKIの楽曲提供ということも大きな話題となり、今後の音楽シーンに新たな風を吹き込もうとしている。まさに特集テーマである”熱狂”を体現している彼ら。その魅力にとことん迫る特集となった。

「熱狂の秘密。」特集では、SixTONESのパワフルな勢いを表現できたら…という思いのもと、スタジオ内に漆黒のアクリルミラーと大量の水をセット。バシャッ!と水しぶきが上がる幻想的な空間で、それぞれが自由に舞う撮影に挑戦。そのセットを見た彼らは、「おぉ、すごい! 僕たち最近、水にご縁があります」と一言(この時はまだ知らなかったことですが、彼らのデビュー曲が『Imitation Rain』だった)。

スタイリッシュな黒ジャケットを纏い、レザーシューズで水を蹴散らす様子は、なんともクール&スタイリッシュ。クールに蹴り上げる、精悍に叩きつける、妖艶に撒き散らす…。それぞれの水との競演は、個性がさく裂。そして6人がサッと横一列に並び、雨のような降り注ぐ水しぶきを浴びるカットは圧巻。シャツを羽織ったスタイリングでは、床に寝転んだり、挑発的に見つめたり、ボタンを外したり…大人びた表情の、艶やかな彼らのショットも満載。

ソロインタビューでは、デビューにかける想い、熱狂の現場に立つ側としての感情、これまで自らが熱狂してきたことなどを語った。現在公演中のホールツアー、2020年スタートのアリーナツアーに関しては、6 人の座談会トークが収められている。


anan No.2180(2019 年 12 月 11 日発売) Ⓒマガジンハウス