キスマイ千賀健永、先輩に対する“行き過ぎた天然ボケ”に驚愕「ゾッとした」

芸能総合 公開日:2019/11/29 6
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーがあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第43話は「ピュア裁判」、「22世紀の新・罰ゲーム検討会」の二本立て。





最初の企画「ピュア裁判」は、世の中のちょっと変わった問題について、玉森裕太が検事、二階堂高嗣が弁護士、横尾渉が裁判官となり、法廷バトルを行う。そして判決は、ピュアな心を持つ子供たちが公平な目線でジャッジする。


今回被告として登場したのは、なんとメンバーの千賀健永。そんな千賀の罪状は「天然ボケ」。

検事の玉森は千賀の“行き過ぎた天然ボケ”が「多くの人に迷惑をかけている」と『キスマイどきどきーん!』内で繰り広げられた数々の天然エピソードを例に挙げ訴えた。


続けて玉森は、千賀の天然っぷりはネットでまとめができるくらい話題であると挙げ、その中で「新しい鞄事件」などネット上での噂の真偽を問うと、「すべて本当です…」と千賀は告白。


あまりの天然っぷりに子どもたちも驚きを隠せない様子。そんな中、検事・玉森の猛攻に反論すべく、検察側の証人としてと“千賀軍団”と称するある女優からの証言VTRが披露される。続けて、二階堂は千賀の天然ボケの様子を「可愛い」「ほっこりする」「場が和む」と擁護するのであった。


そんな二階堂の弁護に対し、玉森はキスマイメンバーからの証言VTRを用意。そこで宮田から寄せられた「ゾッとした」という、ある先輩に対しての千賀の仰天行動に一同衝撃を受ける。果たしてその衝撃の天然行動とは一体…?


続いての企画は「22世紀の新・罰ゲーム検討会」。子どもたちが考えた罰ゲームをキスマイが実際に挑戦し採用・不採用をジャッジする。今回は、これまでメンバーが挑戦した罰ゲームのうち、再検討となった罰ゲームに再び挑戦しジャッジすることに。


そして、今回罰ゲームに挑戦するメンバーは、ガチャガチャで決定する。挑戦者決めのガチャガチャを引く大役は、宮田が行うことに。


今回挑戦候補の罰ゲームは「楽しそうに『ウンコぶりぶり~』と叫ぶ」「サランラップを顔で破る」「小石の入ったクツで10回ジャンプ」「見えない敵と1分間戦う」「コショウの入った風船を鏡の前で割る」の5つ。罰ゲームは挑戦メンバーが決定したのち、話し合いで決めることになるのだが、一体誰がどの罰ゲームに挑戦するのだろうか。気になる結果は本編をみてチェックしてみていただきたい。



<番組概要>

■タイトル:「キスマイどきどきーん!」

■第43話配信日時:11月29 日(金) 正午

■出演:Kis-My-Ft2

■公式サイト:https://bit.ly/2SgFije

■公式Twitter:https://twitter.com/kisdoki_dtv


(C)エイベックス通信放送/ジャニーズ事務所