『モモコクラブ』の歌姫 姫乃樹リカ、25年ぶりにライブ決定

芸能総合 公開日:2019/11/26 7
この記事を
クリップ

11月26日発売の『週刊FLASH』(光文社)では、80年代後半『モモコクラブ』の一員として、抜群の歌唱力で人気だったアイドル姫乃樹リカが登場している。




88年『硝子のキッス』で歌手デビュー。後に改名し、ユニット「西邑理香withCOMING SOON!」で活動、95年にアメリカに語学留学した彼女は、そのまま現地で国際結婚した。芸能界から姿を消していた姫乃樹が、11月29日、新横浜のライブハウス「LiT」で25年ぶりのライブを開催。それに先立ち『FLASH』でインタビューに応じている。

夫・デイブ氏は昔ベーシストとして日本で活動していて、姫乃樹とはそのころ仕事を通して知り合った。だが付き合いはじめたのは、留学で彼女がアメリカに渡ってからだという。

「結婚は、私の母に猛反対されました。2人で日本に戻ってきても、彼とは会ってもらえなかった。ようやく会えることになって、実家に着いてインターホンを押すと、玄関から包丁を握った母が現れて…。料理の途中だったんですが、デイブは刺されると思ったらしいです(笑)」

そんなお母さんも、いまではデイブ氏と仲良しだという。ほかにもアメリカでの生活、3人の子供のことについて、ライブのリハーサル風景の写真とともに伝えている。

Ⓒ石井健


<雑誌情報>

週刊FLASH

11月26日(火)発売 

価格480円  

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)