嵐・櫻井翔が作った「100点」のパンダがかなり個性的

芸能総合 公開日:2019/11/27 10
この記事を
クリップ

今年で100周年を迎える「森永ココア」のイメージキャラクターを務める嵐の櫻井翔が出演するWeb動画が2019年11月27日(水)より公開。

Web動画は、パンダ好きの櫻井が「櫻井スペシャルココア」と題してパンダの3Dココアアートに挑戦している。ココアを作ってミルクを泡立てるところまでは比較的順調に進んだが、本人も腕の見せ所だと語る最後の3Dココアアートの工程では、手がプルプルと震え、途中で「あっ!」「へっ!」と声がこぼれるなど、見ている側もハラハラする展開となった。

撮影に入る前からスタッフに「得意じゃないので、すごいことになりますよ」と宣言していた通り、かなり個性的な作品が最後に出来上がっている。しかし、櫻井的には予想以上に良い出来映えだったのか、撮影後のインタビューでは「僕なりに到達できるところまで出来たかな」「100点です」と自信満々な様子だった。


是非、あなたもオリジナルの3Dココアアートに挑戦してみてはいかがだろうか。


<撮影後インタビュー>

――動画を取り終えての感想を教えて下さい。
いやぁ、初めてのチャレンジだったのでどうなることかと思いましたけど、まぁなかなか良い出来だったんじゃないかなと思います。

――見どころを教えて下さい。
3Dココアアートと言って、ココアと牛乳を使ってパンダを作ったんですけど。ああやって作るんだなっていうのと、あと意外と簡単なんだなというのは驚きました。

――3Dココアアートに挑戦されたのは初めてですか?
初めてです。

――やってみていかがでしたか?
完成形のイメージとはちょっと違いましたけれども、僕なりの到達できるとこまで出来たかなと思っています。

――3Dココアアートを作るコツとかポイントなど、今日気づかれたことはありましたか?
牛乳をホイップさせているんですけど、どうしても重みでだんだんくたってきてしまうので、時間との勝負だなって思いました。いわゆるSNS映えみたいなことで、ゆっくり写真を撮っていると、どんどんどんどん形が崩れていってしまうのでとにかく早く。実際撮影のときも2度チャレンジしたんですけど、1回目より2回目の方が格段に進化していましたね。技術の向上が著しかったですね(笑)。

――本日、ご自身の作品に点数をつけるとしたら何点でしょうか?
100(点)です。これはまあやっぱり、何ていうのかなあ、意外と出来たなっていう手応えはあったんですけど、先生に教えて頂きながら、牛乳の温度も大切なんですって、0℃~70℃っていう温度が適温らしいんですけど、そういう温度だったりとか教えて頂きながら、みなさんの想像しているパンダとはきっと違うと思いますけど、僕の想像しているパンダとは見事に合致しましたので100だと思います。


■森永ココア100周年記念WEB動画
放映開始日:2019年11月27日(水)




【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ