LDHとドワンゴが「ダンス学校」開校へ TETSUYAが“踊れる学長”就任

芸能総合 公開日:2019/11/25 12
この記事を
クリップ

EXILE、三代目 J SOUL BROTHERSらが所属するLDHが展開するダンススクール「EXPG STUDIO BY LDH」とドワンゴが運営する「学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校」(以下、N高)が連携し、来年4月に「EXPG高等学院」が開校することが25日、都内で行われた記者会見で発表された。学長はEXILE TETSUYAが就任する。会見には、TETSUYAと、実業家でダンサーの神田勘太朗氏、学校法人角川ドワンゴ学園理事・夏野剛が出席した。


「EXPG高等学院」は本格的なダンスを学びながら、「N高」の通信教育で高校卒業資格が取得できる“ダンスを仕事にしたい子どもたちを応援する学校”。東京・名古屋・大阪の全国3ヶ所で開校し、各30人募集する。2020年3月に中学卒業見込みの人、もしくは既に卒業した人が出願資格を有する。


2003年にスタートし、現在全国に12ヶ所、海外で3ヶ所に開校する「EXPG STUDIO」はこれまでに数多くのアーティストを輩出。今年NHK紅白歌合戦初出場を果たすGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー全員は同スクール出身者となる。


TETSUYAは「EXPGではアーティストを輩出することを第1目標にしてやってきた。これまでアーティストになれずダンスを辞めてしまう子がいるのが残念だった」といい、「僕はコーヒー屋をやっているので踊れるコーヒー屋さん。アーティストになれなくても“踊れる○○”みたいな子が増えたらいい」と希望を込めた。また自身は“踊れる学長”となり「子どもたちを応援したい。絶対やってやろうという気持ちです!」と気合を入れた。




「EXPG高等学院」ではダンスを極めるだけでなく、パフォーマー、ステージ演出、インストラクターなどエンターテインメントの現場で活躍できる人材の育成を目指す。TETSUYAは「来年はPERFECT YEARなのでライブがたくさんあるので、ライブを見学してほしい。自分たちが持っているものでもやれることはたくさんある。ダンス合宿はあった方がいいのかな。自分も年に何回か講義を持ちたい」と展望を語った。


同高等学院の第1回募集は12月16日からスタートする。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)