松井珠理奈 世界デビューも視野?「行ってみたい場所はブロードウェイ」

芸能総合 公開日:2019/11/25 10
この記事を
クリップ

松井珠理奈が表紙・巻頭を飾る、電子雑誌「旅色」(ブランジスタ)創刊12周年(2019年12月)号が公開された。

2008年のデビュー以来、トップアイドルとして活躍し続けるSKE48の松井珠理奈。インタビューでは、最近の楽しみが“お散歩”という彼女のライフスタイルや、大阪での一人旅、同期のメンバーと旅した沖縄の思い出、不思議なパワースポットにまつわる話などを語っている。




1泊2日の旅では、江戸時代から明治にかけ活躍した近江商人のふるさと、豊郷町をゆったりと散策。滋賀県で一番小さな町、豊郷。伊藤忠や丸紅の創始者である、伊藤忠兵衛のふるさとであり、幾多の豪商を輩出した地としても知られている。今回松井は、偉人の足跡をたどりながら近江牛などの地元グルメにも舌鼓。「歴史のあるものを生で見るのが大好きです」と語る松井も、大満足の様子だった。

そして、行ってみたい場所はブロードウェイだそうで、「舞台やお芝居に興味があるので見てみたい」と、今後の活動には世界デビューも視野に入っているようだ。


また、映画『カツベン』に出演する高良健吾がスペシャルインタビューに登場。「最高だった」と語る映画の話や人生に必要不可欠だというリアルな旅のエ
ピソードまで、貴重な話を聞かせてくれている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)