奈月セナ 2020カレンダーは撮り下ろし「自分らしさ詰め込んだ」

芸能総合 公開日:2019/11/24 25
この記事を
クリップ

172cmの高身長に88cmのGカップを武器にグラビア界を席巻している奈月セナが、『2020年度カレンダー』(トライエックス)をリリース。発売を記念したイベントが、東京・ブックファースト新宿店で行われた。

8月に沖縄県で撮影された今作。「昨年のカレンダーは1年の総集編という感じでいろんな写真をかき集めて撮りましたけど、今回はカレンダーのために撮りおろしをして、1枚1枚こだわってます。室内もあれば青空の下で撮影したり、自分らしさを詰め込んだカレンダーになっています」と説明した。


その中でも一番のお気に入りは爽やかな青いビキニのカットを選んだ奈月。「この撮影はすごく楽しくて、天気もよくて気持ちよく爽やかな気分で撮影したんですよ。夏全開のような写真ですけど、気に入っているカットは12月なんですよね」と紹介してくれた。

5月30日が誕生日ということで、自分の誕生日月にはこだわりがあるそうだ。「ピンクの水着を着ました。こういうビビットなカラーの水着をあまり着ることがないんですけど、沖縄ってビビットな場所じゃないですか。なので沖縄にはビビットカラーの水着が似合うと思って選びました」と答えた。

そのカレンダーをどこに飾ってもらいたいか聞いてみると「まずカレンダーは保存用と使うのと2部は買っていただきたいんです。飾ってほしい場所は、玄関ですかね。玄関って一番見る場所ですから。それかお部屋の天井に貼って寝ころびながら見てもらいたいです。たくさん私を見てほしいです」とアピールした。

カレンダーイベントでは定番の質問になっている今年を振り返ってもらうと「今年はとてもとても充実した1年でした。去年デビューして、今年はグラビアのお仕事にも慣れてきまして、写真集も出せましたし、週刊誌にも載りましたし、すべてのグラビアに注いだ1年になりました。おそらく一通りグラビアのお仕事をやったと思います。本当に充実した1年でした」と振り返った。

来年の目標については、「グラビアのお仕事に関しては、クオリティーを上げていいものを作る、それに尽きますね。もちろん来年もカレンダーを出したいと思っていますし、DVDでも今まで行ったことがない場所に行って、新しい自分を見せれたらと思います」と意気込んだ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ