長谷川京子 “お付き合いをする前の人”とのデートを振り返る

芸能総合 公開日:2019/11/23 4
この記事を
クリップ

11月22日(金)、横浜赤レンガ倉庫にて実施された『クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫』のイルミネーション点灯式に、女優の長谷川京子がゲストとして登壇した。

長谷川が黒のシックなスーツ姿で登場すると、会場は大きな拍手で包まれた。点灯式を前に「皆さんお足元の悪い中、今日は来ていただいてありがとうございます。あまり無理をせず、最後まで一緒にいれたら嬉しいです」と、雨の中集まった観客を気遣うコメント。カウントダウンの合図にあわせてボタンを押すとツリーに光が灯り、会場中が幻想的な空気に。高さ10メートル以上の美しく輝くツリーを目にした長谷川は「綺麗ですね!」と感動している様子だった。




その後、赤とシャンパンゴールドのオーナメントで彩られたツリーを背景に、シャンパングラスで乾杯をすると、長谷川は「(シャンパンは)いつ頂いても美味しいですね。でも、こんなに綺麗に光るツリーの下でシャンパンを飲んだことはありません。感激です」と舌鼓を打った。

赤レンガ倉庫には20歳の頃にデートで来たことがあると明かし、「お付き合いをする前の人だったんですけど、お互いが好きだったから...何を見ても美しかったです。その時の光景は、何にも勝る美しいものでした」と当時の印象を振り返った。

今年のクリスマスの過ごし方を尋ねられると「来年1月に出演する舞台があるので、今年は舞台の稽古かな...。家ではもちろん、ささやかですけどケーキを用意して、子供たちとパーティーをしたいと思います」と語った。

11月26日に自身16年ぶりとなる写真集「Just as a flower」を販売することが決定している長谷川は、最後に「男性も、もちろん楽しんでいただけると思いますが、私ぐらいの世代の女性の方たちが、きっと元気が出るような写真集になっていると思います」とアピールした。

『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』は11月22日(金)から12月25日(水)までの計34日間、イベント広場と赤レンガパークにて開催。今年は“ドイツ・ニュルンベルク”をテーマに、異なる二つのクリスマスマーケットを展開する。イベント広場では、「ドイツ 肉料理&グリューワイン」をコンセプトにした“伝統あるドイツのクリスマスマーケット”が、会場海側の赤レンガパークでは、「シーフード&シャンパン」をコンセプトにした新マーケットが登場する。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ