「この若者は何者!?」型破りな16歳・YOSHIが『My Way』を堂々熱唱

芸能総合 公開日:2019/11/21 4
この記事を
クリップ

映画初出演にして初主演を務め、世界からも注目されているアーティストのYOSHIが、22日(金)からオンエアとなる「カロリーメイト」の新CM『My Way』篇に出演する。




まだあどけない表情が漂う若干16歳ながら、ハイファッション界隈でその姿を多く目にする“YOSHI”。13歳の時、今や世界中のファッショニスタやセレブ達が注目する「OFF-WHITE」を手掛ける“VIRGIL ABLOH”に独自のファッションセンスを賞賛され、それをきっかけに有名ブランドのモデルやショーへ多数出演。また、「Forbes」が開催した次代を担う30 歳未満のイノベーターを表彰する「30 UNDER 30 JAPAN」にて「The Arts」部門でその1 人に選出された。

 先日9月6日に公開された映画「タロウのバカ」では主演として俳優デビュー。『日日是好日』で第43回報知映画賞監督賞を受賞した大森立嗣が監督・脚本・編集を手掛けた話題作。映画初出演ながら主役の「タロウ」を全身で表現しており、共演者には今を時めく若き実力派俳優「菅田将暉」・「仲野太賀」と映画関係者の中でも話題を振りまいている。


そんなYOSHIが出演する受験期の風物詩として毎年話題を得ているカロリーメイトの受験生応援CMだが、自分の信じた道に向かって突き進んでいく受験生をアスリートにみたて表現している。CM楽曲は、これまで多くのアーティストにカバーされている『My Way』を採用、YOSHIが熱唱する。CM内容とリンクした歌詞が、受験生をはじめ今を全力で生きる人たちの背中を後押しする。

CMの撮影は、栃木、群馬、千葉、神奈川にて丸4日間行われた。80以上にも及ぶカットを撮影するタイトなスケジュールの中、YOSHIからの表現方法の積極的な提案や、撮影スタッフを「あだ名」で呼び、心を通わせコミュニケーションを取る特有の雰囲気作りにより、とても和やかでチームの一体感が生まれた撮影となった。

YOSHIは、撮影スタッフやエキストラとすぐに打ち解け、和気あいあいと演技のイメージをすり合わせたり、冗談を言い合ったりしていたが、監督の「よーい、スタート!」の声がかかると同時に、表情は一変。受験生の、目標に向かうまっすぐな気持ちを表現する真剣な眼差しで、クールな演技を披露した。年齢性別関係なく、一瞬で周囲を味方にし、監督始め、撮影スタッフを魅了する姿からは、映画でも主演をつとめ、世界中から注目される彼のカリスマ性が感じられた。


■YOSHIさんコメント
<カロリーメイトの新CMキャラクターに決まっての感想>

初めてのオーディション、初めての広告のお仕事だったので、大丈夫なのかと少し不安もありましたが、自分らしく普段通りの振る舞いで挑んだ結果、CMキャラクターに選ばれて純粋に嬉しかったです。

<撮影の感想>
CM撮影現場は、すごく和気あいあいとしていて、グルーヴ感がありとても良かったです。スタッフのみなさんに感謝します。テニスのシーンでは、女生徒に囲まれるという設定に照れてしまい、まだ16歳だなと思いました(笑)

<目標へ向かって頑張っている人へのメッセージ>
自分の座右の銘は「1日1日を大切に生きる」です。今がんばっているみなさんにも、先のことを不安に思うばかりではなく、目の前のことに全力になって、1日を丁寧に生きて欲しいです。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ