町田啓太“好奇心が止まらない!?”目標は「流鏑馬」のできる男

芸能総合 公開日:2019/11/18 19
この記事を
クリップ

来年はいよいよ30歳。今後演じてみたい役柄を聞くと「刀を振る役」と無邪気な笑顔。なんでも「元々『るろうに剣心』が好きで剣道を始めたっていうのがあるので」と落ち着いた様相と反して少年心をのぞかせる。続けて「ずっとスポーツをやってきているので、スポーツ系の役柄もやってみたいとは思っています。あとはフルCGでSF作品も挑戦してみたいですし、パイロットの学校に行っていたので、パイロット役もやりたい」と想いは尽きない。




仕事にまい進する中、オフの日は打って変わって「寝ていますね(笑)」と一言。寝ないとダメなタイプだそうで、「最低でも6時間は寝るようにしている」とのこと。あまり飲みにも出歩かないと言うので、さぞかし食事にも気を遣っているかと思いきや、ハマっているのは「スパム」。「焼いて御飯の上に置いて、マヨネーズをかけて食べるのが僕のマイブームです」といたずらっぽく笑う。ちなみに嫌いな食べ物は「パクチー、ゆず、熱せられ果物たち」だそう。特に「酢豚のパイナップルは、給食とかで入っていたりするじゃないですか。もう昔から苦手で。温めないでよ!って」。どうやら味覚は幼少のころから変わっていないようだ。


最後に30代に向けて挑戦したいことを尋ねると「流鏑馬(やぶさめ)」となぜか苦笑。実は、写真集の企画で「流鏑馬をやりたい」と言っていたのだと教えてくれた。しかし、「乗馬はかなり前に少しだけやっていたんですけど、たぶん乗るところから始めないと」、弓矢については「やったことないです」とのことから断念。本人は「今後も披露する場はないかもですけど」と笑いながら話していたが“流鏑馬をする町田啓太”を心待ちに、30代の彼からも目が離せそうにない。


町田啓太1st 写真集『BASIC』

11月20日(水)発売


取材・文:ドワンゴジェイピーnews編集部

撮影:稲澤朝博

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)