『ZIP!』お天気キャスター貴島明日香、初のカレンダーで肌見せショット

芸能総合 公開日:2019/11/17 5
この記事を
クリップ

ファッション誌『non-no』専属モデルで朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ)のお天気キャスターとしても活躍中の貴島明日香が17日、都内で『貴島明日香 2020年カレンダー』(トライエックス)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。




自身初となるカレンダーの出来栄えを尋ねられた貴島は「朝番組をやっていたり、モデルのお仕事の貴島明日香じゃないというところを意識して、みんなで作ったので、表情とか、ポーズとか、今まで見たことのない感じのカットになっていると思います」と紹介し、同カレンダーを天気に例えるようお願いされると「晴ですね(笑)。真っ青って感じです」とニッコリ。

お気に入りには1月・2月の素肌に白シャツを羽織っているカットを挙げ「肌見せをしていて、(普段)お腹とか出すことがないので、恥ずかしながらも新しい自分だなという感じがします」とアピールし、同シーンのアザーカットがポスターとしてついているそうで「(キメた)表情が恥ずかしい感じなんですけど(笑)、普段の私と違う感じのカットなので、恥ずかしいけどお気に入りです」と照れ笑い。撮影をするにあたり体づくりをしたか尋ねられると「腹筋とか普段しないんですけど、この撮影の前はやりました(笑)。事前にそういう(お腹を見せる)カットがあるよと聞いていたので」と答えた。

また、購入者には同カレンダーをどこかざってほしいか聞かれた貴島は「けっこう大きいんですけど、目立つところに貼っていただいたら嬉しいなと思います」とお願いし、「実際に買ってくださった方から、飾ってるよって写真を送ってくださるんですけど、皆さんリビングとか玄関とかに貼ってくれさっているみたいで嬉しいです」と声を弾ませた。

そんなカレンダーを、『ZIP!』のスタッフが購入してくれたそうで「『買ったよ』って言って持って来てくれたりして、恥ずかしながらも嬉しいなと思いました(笑)」と笑顔を見せつつ、「撮っているときは集中していたので“恥ずかしいな”という気持ちはなかったんですけど、(写真を)セレクトをするときに“こんな顔してたんだ(照)”みたいな感じだったので、『買ってくださいね』って言っていたんですけど、実際に『買ったよ』って言われたときは複雑な気持ちでした(笑)。いつも素で接しているスタッフさんなので“あれ見られたのか…”って恥ずかしかったです」と吐露して報道陣を沸かせた。

今回、ファンと直接触れ合うのは初めてだそうで、イベントを直前に控えた心境を尋ねられると「すごい緊張しています。ファンの方と直接お話しすることや、会って握手をすることも今までなかったので、ちゃんと話せるかなという緊張もありますし、どんな人が来てくれるのかなって楽しみな感じもあります」と期待を寄せた。

2019年はどんな年だったか質問されると「カレンダーを出すことが夢だったし、ファンの方と交流できるイベントも個人でしたいなと思っていたので、新しいことがたくさんできた年だなと思います」と充実した表情を浮かべ、来年の抱負については「さらに活動の幅を広げたいです。演技も今、勉強しているので、映像などで演技ができるようなお仕事もしてみたいです。来年もカレンダーを出すことも目標ですし、可能であれば写真集とかも出したいなと思っているので、それを目標に頑張りたいです」と意気込んだ。


   

この記事の画像一覧 (全 21件)

関連タグ