Da-iCE花村想太、2ndフォトブックに隠された秘密を明かす

芸能総合 公開日:2019/11/16 7
この記事を
クリップ

6日に5人組ダンス&ボーカルグループ「Da-iCE」の花村想太が、心が震えそうで震えないポエム「あたりまえポエム」(著:氏田雄介)とのコラボレーション企画第二弾『あたりまえフォトブック in LAS VEGAS』の発売記念イベントが開催され、イベント前に報道陣の囲み取材に応じた。

『あたりまえフォトブック』とは、各種テレビ番組他、Webメディアで話題沸騰の、美しい写真と意味がありそうでない言葉で構成された、心が震えそうで震えない「あたりまえポエム」の特別企画として生まれたフォトブック。

2017年に販売した第一弾・江ノ島から本作ではアメリカ・ラスベガスに舞台を移し、定番スポットから多くの地元の人が訪れるローカルな場所など様々な場所で撮影した。

ラスベガスの思い出については、「カジノに挑戦しました。ブラックジャックをやったんですけど7万円負けました。でもそこから7万円取り返してなんとかプラマイゼロになりました。でもけっこうショックでしたね。あれは卑怯っすよ。やめるタイミングがわからない」と悔しがった。





花村は1作目との違いは「予算ですかね・・」と笑いを誘いながらも、「前回は江ノ島でアットホームな撮影だったのですが、今回は写真をそのまま出したらフォトブックではなく、写真集になるぐらい写真がパワーアップしています。」と満足気にコメント。

また、今回の写真を撮影したカメラマンと「相性が良かったです!」とコメント。「(ラスベガスでの撮影は)3泊5日という弾丸だったが、カメラマンさんとの相性が良くて少ない時間と枚数で良い写真がたくさん撮れましたね!自由時間も出来て、カジノなどでも遊べました!」

また今回の写真集には花村想太のプロソロジェクトとの仕掛けがあることにも触れ、「ソロプロジェクトでバンドを組ませて頂くんですが、そのグループ名を写真集に隠させて頂いてる。ファンの皆さんにはぜひ探してもらいたい!」とコメントした。

今後、出版記念イベントを、名古屋11月22日(金)、大阪11月23日(土)、福岡11月29日(金)にて開催予定。

また花村想太が所属するグループDa-iCEは12月18日にSG『BACK TO BACK』をリリースする



   

この記事の画像一覧 (全 25件)