瀬戸利樹 『偽装不倫』反響に感謝、次は“年下”との恋愛ドラマ希望

芸能総合 公開日:2019/11/16 5
この記事を
クリップ

日本テレビ系の連続ドラマ『偽装不倫』で注目を浴びた俳優の瀬戸利樹が16日、都内で「瀬戸利樹カレンダー2020」(東京ニュース通信社)の発売記念イベントを開催。報道陣の取材に応じた。


ドラマでは髪をピンク色に染め、仲間由紀恵が演じる人妻・葉子の不倫相手を演じて話題に。髪がピンクだった4、5ヶ月間は「なかなかない髪色なので町を歩く時はなるべく帽子をかぶっていた。(帽子の中に)全部髪をがっつり入れていた」という。それでも気付かれることもあり「『偽装不倫』に出ていた瀬戸利樹くんですよね?と言っていただけることが多かった。ありがたかった」と反響に感謝した。




現在の髪色はピンクから黒に。「黒は慣れ親しんだ色なので、いつもの自分だと思った。染め直した直後は髪がパサパサしたり切れてしまったりしたけど、ケアをしたので元の髪に戻っていると思います」と安堵の笑顔を浮かべた。


2019年は「年男」だった瀬戸。「年男に恥じないよう、充実した1年を過ごした。たくさんの経験をしたけど、その分反省する部分、勉強しないといけないことが明確になった」と振り返った。来年は「多くの人に瀬戸利樹という俳優を知ってもらうことが第一。やりたい役はたくさんあるのですが、こんな一面があるんだってことを見せていけるようにしたい」と抱負。また、『偽装不倫』では年上の女性と不倫する役だったが、「次は年下の方との恋愛ものを。上の立場でリードできる役ができれば」とはにかんだ。


発売されたカレンダーはドラマの髪色のままの“オールピンク”。「なかなか全部ピンクの作品ない。すごく楽しんでいただけると思う。毎日見てもらいたいので玄関のドアに貼ってもらいたい」とアピールした。

この記事の画像一覧 (全 20件)