星野源、ラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」にゲスト出演

芸能総合 公開日:2019/11/15 6
この記事を
クリップ

大ヒットアルバム『POP VIRUS』に続く、星野源の新作EP『Same Thing』。
10月28日付オリコン週間デジタルアルバムランキング、ビルボード・ジャパン・ダウンロード・アルバムチャートでそれぞれ1位を獲得する大ヒットを記録中だ。
先日発表された「第70回NHK紅白歌合戦」への出演も決定、さらに昨日夜には新たな映像としてトム・ミッシュとの共同プロデュース曲として話題の「Ain’t Nobody Know」のリリックビデオがYouTubeにてプレミア公開されるなど、引き続き大きな話題が続いている。




そんな中、本日深夜25時~オンエアのTBSラジオ「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」生放送にゲスト出演する。
毎年、バナナマン・日村の誕生日にお祝いに駆けつけ、オリジナルソングをプレゼントするなど親交が深い星野源とバナナマンだが、通常のゲストとして星野が出演するパターンは少なく、EP『Same Thing』についてはもちろん、いよいよ11月23日の上海からスタートするワールドツアー、そして紅白出演決定など、大きなトピックが続くこのタイミング、この番組ならではのトークが繰り広げられそうだ。


【TBSラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」】
11月15日(金)25:00~ 生放送
https://www.tbsradio.jp/banana/

■星野源プロフィール
1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。
2010年に1stアルバム『ばかのうた』にてソロデビュー。2015年12月にリリースしたアルバム『YELLOW DANCER』がオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得。
2016年10月にリリースしたシングル『恋』は、自身も出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として社会現象とも呼べる大ヒットとなる。
2017年8月に10枚目となるシングル『Family Song』をリリースし、オリコン週間シングルランキングにて自身初の1位を獲得、同年度のソロアーティストによるシングル作品として最高売上枚数を記録する快挙となった。
2018年は国民的アニメ映画「映画ドラえもん のび太の宝島」の主題歌、挿入歌を担当。さらに4月から放送のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌『アイデア』は初の配信リリースながら大ヒット、12月19日には約3年ぶりとなる5th Album『POP VIRUS』をリリース、同年のソロアーティストのアルバム作品の初週最高売り上げを記録するなど、オリコン/ビルボードなど主要ランキングで軒並み1位を獲得し、現在も大ヒットを記録中。
2019年2月からは自身初の5大ドームツアー「星野源 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』」を開催、日本人男性ソロアーティストとして5人目の快挙となる同ツアーは計33万人を動員。
ツアーの模様を収録した映像作品『DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME』がオリコン映像ランキング3部門で映像作品として4作連続1位を獲得し、「映像3部門同時1位連続獲得作品数」「~通算1位獲得作品数」の男性ソロアーティスト歴代1位の記録を樹立した。8月30日に全楽曲のストリーミング配信を解禁、さらにワールドツアーの開催を発表し大きな話題を呼んでいる。
俳優として、映画『箱入り息子の恋』(13/市井昌秀監督)、『地獄でなぜ悪い』(13/園子温監督)等に出演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞等の映画賞を多数受賞。ドラマ『コウノドリ』シリーズ(TBS)、大河ドラマ『真田丸』(16/NHK)、『逃げるは恥だが役に立つ』(16/TBS)、『プラージュ』(17/WOWOW)など出演作多数。アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』(17/湯浅政明監督)では声優として初主演を務め、アニメ映画『未来のミライ』(18/細田守監督)にも出演。2019年8月30日には主演映画「引っ越し大名!」が公開し大ヒット中。
また、作家として著書『蘇える変態』、『働く男』、『そして生活はつづく』、『星野源雑談集1』『いのちの車窓から』を刊行。幅広い活動が評価され、2017年3月には第9回伊丹十三賞を受賞した。
2016年3月からはニッポン放送でレギュラー番組「星野源のオールナイトニッポン」がスタート。2017年には第54回ギャラクシー賞ラジオ部門 DJパーソナリティ賞を受賞した。