ネットを騒がす“奇跡の13歳”、ポッキー写真が「そのままCMになりそう」と話題

芸能総合 公開日:2019/11/11 11
この記事を
クリップ

“奇跡の13歳”とネット上を騒がせている「サクラ・キルシュ」が、本日11月11日「ポッキー&プリッツの日」に、自身のSNSでポッキーの写真と共に 「今日は11月11日。ポッキーとプリッツの日ですね!」と投稿し、その溢れる可愛さに「そのままCMになりそう」と話題になっている。




サクラはスイス在住の13歳でドイツと日本のハーフ。今年7月に開催されたファッションイベント『TGC teen 2019 Summer』のランウェイモデルに異例の抜擢。身長166㎝にスラリとした長い手足をもつ抜群のスタイルから “奇跡の13歳” として注目を浴びた。


サクラは「実はスイスにもポッキーがあるんです!Mikadoという名前で売られていて、こちらでも人気^ ^でもスイスではこんなにたくさん種類がありません。日本はいいなー」と、スイスではMikadoという名前でポッキーが売られており、日本より種類が少ないことを嘆くコメントもしている。


また、”奇跡の13歳”サクラ・キルシュは芸能活動を行うにあたり、エイベックス・マネジメントに所属したことも発表。エイベックスには紗栄子、西川瑞希、Nikiなど第一線で活躍しているモデルが数多く在籍している。


既に一挙手一投足、注目されているサクラ・キルシュ。今後もより一層の活躍に期待だ。

この記事の画像一覧 (全 6件)