有村架純&浜辺美波、アドリブ演技で仲良しすぎて監督からツッコミ

芸能総合 公開日:2019/11/07 5
この記事を
クリップ

JA共済連は、女優・有村架純浜辺美波出演、いきものがかり楽曲提供の強力タッグでスタートした、生活障害共済「働くわたしのささエール」の第4弾TV-CM『保障点検』篇(30秒/15秒)、第5弾TV-CM『保障の見直し』篇(30秒/15秒)を制作し、11月11日(月)から全国で放映する。

ライフアドバイザー(以下、LA)役の有村架純とその妹役の浜辺美波の日常生活を、いきものがかりの楽曲『太陽』にのせて描いたJA共済の生活障害共済「働くわたしのささエール」TV-CMは、今春の第1弾放映以来、多くの視聴者から好評で、資料請求の件数も大幅に増加するなど、大きな反響を呼んでいる。

待望の第4弾CM『保障点検』篇では、有村と浜辺の2人が自宅で姉妹旅行の準備を進めるシーンから始まる。順調に準備を進めていたのも束の間、宿の予約を忘れていたことに気づいた2人はお互いに顔を見合わせて慌てふためく。有村、浜辺の演じる姉妹のテンポの良い掛け合いと仲睦まじい様子は必見だ。

続く第5弾『保障の見直し』篇は、姉妹の住む自宅の庭木の剪定をする幼馴染の庭師のカズちゃんと有村の甘酸っぱい一幕を描いたCM。カズちゃんに声を掛けられた有村は、「これ、見直しといたよ。」と保障内容を見直したプランを見せる。手書きでびっしりと書かれたプランを見て驚くカズちゃんが「なんでこんなに心配してくれるの?」と尋ねると、「好きだから、この仕事。」と一言残し、自宅を後にする。そんな二人を自宅の窓から見ていた妹の浜辺が「はいカズちゃん振られた~」とからかう。浜辺とカズちゃんの微笑ましいやりとりも注目だ。





■撮影エピソード
◇2回目の共演で、とにかく息ぴったりな演技を披露

今回で2回目の共演となる有村と浜辺。宿の予約を忘れていたことに気付くシーンでは、ほとんどを2人のアドリブで演じた。宿予約を忘れたことをお互いになすりつけ付けあっているパターンや、両手を広げて「あー!」とオーバーなリアクションをするパターン、笑いながら野宿を提案するパターンなど、どれも2人のアドリブが効いた演技を披露。仲の良さが滲み出てしまい、終始笑顔を見せる姉妹に監督からは、「(宿の予約を忘れたのに)笑ってんじゃないよ!」と思わずツッコミが入っていた。

◇撮影の合間も、本当の姉妹のように仲の良い2人
撮影の途中で、撮影に使う水着のデザインを選ぶ有村と浜辺。スタッフから「これがいいんじゃない?」と勧められた水着を見た有村は「攻めるわね。」と一言呟くと、有村のセリフに浜辺やスタッフが思わず笑い出してしまう場面も。撮影の合間も、終始2人の笑い声が響き渡っており、まるで本当の姉妹のように仲睦まじい様子を見せていた。

◇サプライズで浜辺のお誕生日をお祝い!
撮影終了後、8月29日で19歳を迎える浜辺に、サプライズで巨大なケーキが登場。浜辺は驚きと嬉しそうな表情を見せながら、「19歳になっても有村さんのような素敵な大人に成長できるように頑張ります!」と、19歳の抱負を語った。

■インタビュー
Q. CM撮影を終えての感想を教えてください。

 有村:旅行することとか楽しみがあることって、すっごくワクワクするし、眠れなかったりするんですけど、私も忘れものしがちなんですよ。例えば海外に行くときに変圧器を忘れていったりとか、結構抜けてる部分があるので、「点検って大事」ってところは教訓になりましたね。

 浜辺:「宿予約」の後の言葉は、ほとんど決まってなくてアドリブだったんですけど、わちゃわちゃする感じが楽しかったです。監督も全然カットしないから、長い時とかもあって、近づいたり怒りあったりして、それが特に楽しかったです。

 有村:(宿の予約を忘れていたことを)なすり付けあってるのが可愛い姉妹だなって、客観的に見て思いました。

 浜辺:宿の予約って結構重大なことなのに、「なんとかなるか」って言って収めようとする2人がすごく好きでした。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 12件)