浅田真央、姉・舞の変貌ぶりに「銀座の高級レストランに今から行きますよ」

芸能総合 公開日:2019/11/06 63
この記事を
クリップ

11月8日グランドオープンの「Beauty Connection Ginza」のオープニングイベントが本日都内で開催され、フィギュアスケーターの浅田真央と、スポーツキャスター ・ フィギュアスケーターの浅田舞姉妹がそろって登場。美の秘訣について語った。




同施設は、コスメ、カフェ、クリニック、ヘアサロンの複合施設で、次世代の美容を体験することができる。


モデルとしても活躍している舞は理想の美について「内側からキレイになることで外見や仕草に出る」といい、抜群のプロポーションを保つ秘訣は「アイスショーのおかげ。一昨日も京都でアイスショーがあって。運動の部分で維持できている」と明かした。


真央は普段から水や炭酸水をよく飲むとのことで、「朝起きてから、昼、汗をかいたとき、寝る前」とかなりこまめに飲んでいる様子。また、毎日(スケート)リンクにいるため、「常温や白湯を飲むようにしている」とこだわりも明かしていた。


来年で30歳を迎える真央。二人とも30代に突入ということで理想の女性像を問われると、舞は「いくつになっても美に対する追求を忘れない女性になりたい」。なんでも「フィギュアスケートも美しさを求められる競技だったんですけど、なかなか美を追求できなかったので(笑)」とその理由について茶目っ気たっぷりに語った。


一方真央は「今年は20代最後ということで、一番充実したなと思える一年にしたい」といい、「30代はプライベートもお仕事も全力で進んでいければ」と新たな年代を楽しみにしている様子だった。


一旦舞がヘアアレンジのため降壇。再登場すると、そのゴージャスぶりに「さっきよりも高級感が出て、“銀座の高級レストランに今から行きますよ”って感じ(笑)」と絶賛。姉妹の微笑ましいやりとりにカメラのシャッターが集中していた。




この記事の画像一覧 (全 10件)