キスマイ千賀健永&宮田俊哉&二階堂高嗣、大人のプライドをかけガチンコ相撲対決に挑む

芸能総合 公開日:2019/11/01 4
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、子どもたちとあらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第39話は「キスマイ道場破り」、「いきなりクイズ」の二本立て。




「キスマイ道場破り」はスポーツ界の未来のスターを目指すアスリートキッズを相手に、キスマイメンバーがガチンコ勝負を挑む。今回挑戦するメンバーは千賀健永、宮田俊哉、二階堂高嗣。

今回3人が訪れたのは埼玉県のとある相撲道場。挑戦を前にして自信の程を聞かれた千賀は「僕は経験者ですから。地元のわんぱく相撲大会で優勝したことあります」と自信満々。二階堂も「日頃から動いてるんだから!」と気合十分。

そして道場に到着するやいなや、宮田が果たし状を片手に「たのもー!今日は君たちに試合を申し込みに来た!」と勢いよく宣言。続く二階堂も「俺たちが大人の厳しさを教えてやる!」とアピールし挑戦はスタート。

まず3人は試合を前にウォーミングアップを行うことに。ケガを防ぐため、手始めに股割をすることになったが、3人ともお股がガチガチに硬く最初から苦戦している模様。

続いては相撲の基本的な動作である四股を体験。先生から丁寧に指導を受けるも、口々に「無理だわ…」「キツイ!」と弱気な発言が…。

そして最後はぶつかり稽古で3人の実力をチェック。最初はぶつかり稽古に後ろ向きだった二階堂だが、実際にやってみると「気持ちいい!」と楽しそう。続く千賀は経験者の余裕をみせるも「あっ、首が…」とまさかの負傷!?のハプニング。そして最後の宮田は、ぶつかり稽古の時は頭をつけてぶつかる、と先生から最初にアドバイスを受けていたにもかかわらず、頭を避けてしまう結果に…。ハプニングもありながら、徐々に3人はぶつかり稽古に慣れていき最初の余裕を取り戻していった。

今回キスマイが対戦するのは、幼児から中学3年生までの総勢10人。対戦相手をメンバーが選び、勝利した人から勝ち抜けていくというルールで対決スタート。自信満々で臨んだ相撲対決だが、キスマイは大人のプライドをかけた真剣勝負に勝利ことができるだろうか!?

1/2ページ