元受付嬢グラドル海里&現役看護師RQ蒼乃茜、初々しい2人と1年一緒に

芸能総合 公開日:2019/10/27 15
この記事を
クリップ

元大手企業の受付嬢からグラビア界に飛び込み、今年6月に発売されたデビューDVDがいきなりヒット。超美形フェイスで高身長、そしてバストはたわわなGカップという三位一体のパーフェクトスキルで熱視線を一手に浴びている海里。




『ヤングマガジン』でグラビアデビューし、その完璧なまでの黄金比スレンダーボディで今年初めてSUPER GT「Moduloプリティ」レースクーンとしてサーキットで注目を浴び、さらに現役看護師、介護ヘルパーという4つの顔を持つ蒼乃茜。

こんな多岐にわたるウリを持ち合わせた2人が揃って『2020年カレンダー』(トライエックス)を発売。合同のお渡し会イベントが、東京・八重洲ブックセンターで開催された。

「世間ではフィギュアスケートが話題じゃないですか?それに因んでふわふわっとしたスケーターみたいな可愛い衣装です」とピンクの花をたくさんあしらったドレスで登壇した海里。しっかりGカップバストの谷間はばっちり覗かせエロ可愛い。「私はマネージャーさんみたいなんですけど(笑)、ドレス着たかったんですが病院からNGなのでシックな衣装になっちゃいました」と、対照的な衣装ではあるが、それぞれの個性が出ていてとても好感が持てる。

いずれも初めてのカレンダー発売となり、そろってバリ島で撮影したという豪華版カレンダー。海里は「暑かったので、プールの撮影が気持ちよかったです」とおっとりした口調で答えると、蒼乃は「ナシゴレンが大好きで食べ過ぎてしまって、おなかがぽっこりになって、おなかが写る撮影の時に”ナシゴレン!”って言われるたび、おなかを引っ込めてました(笑)」と思い出を話した。

カレンダー全体のコンセプトとして海里は「今回は表情がクールなものが多くて、普段とのギャップを感じられると思います」。また蒼乃は「普段ほわほわしてるって言われるので、カッコいい感じにしたいというのがすごくありまして、表紙もカッコよく決まっていると思います」と話し、お気に入りのカットをそれぞれ紹介した。海里は“フラワーバス”のカットを挙げ、「フラワーバスって女の子の夢なので、可愛いけどセクシーな表情で撮れたので」とにっこり。蒼乃は青のビキニショットを選択、「実は“ヤングマガジン”での初めてのグラビアの時も青のビキニだったので、私の名前の”蒼乃”に掛けて、この写真が良いかな」とダジャレで会場を和ませた。

海里のカレンダーの表紙は、大胆な髪ブラを披露しているが、本人は至ってあっけらかんとして「まったく抵抗はありませんでした。“はーい”って感じで(笑)。でも髪切っちゃたんで今はできないから伸びたら、DVDでも披露しようかなあ」とほほ笑んだ。

海里は2ndDVD『海の彼方で逢いましょう』(イーネット・フロンティア)が出たばかり。蒼乃は待望の1stDVD『だから言ったじゃない』(イーネット・フロンティア)が11月22日に発売される。

この記事の画像一覧 (全 38件)