劇団4ドル50セントがハロウィンイベント、個性的な仮装姿披露

芸能総合 公開日:2019/10/26 4
この記事を
クリップ

秋元康氏プロデュースの劇団4ドル50セント立野沙紀、長谷川晴奈、國森桜、菅原麻由佳の4名がハロウィンイベントを開催し、それぞれの個性あふれる仮装姿を披露した。 

現在同劇団では月に2回の定期イベントを開催しており、今回は『あわてんぼうハロウィン』と題してハロウィンイベントを開催。 出演者がそれぞれコスプレ衣装を着用して、演技あり・ゲームありと内容盛りだくさんの90分となった。 




演技ブロックでは「ごめんなさい」というセリフをメンバーが異なるシチュエーションで即興芝居をする『決めゼリフ選手権』や、『シンデレラ』の台本が渡されるがその中に一人だけ白紙の台本が渡され、ファンにばれないように演技をする『ドキドキ昔話』など、劇団ならではの企画で会場を盛り上げた。 

イベントに参加したファンからは 「これまでの定期イベントの中で一番内容が詰まっていて楽しかったなぁ!」 「ごめんなさいも台本ナシのシンデレラも演技パワーがさすがでした」 「衣装とても似合っていました。かわいかったです☺」 と大満足のコメントが寄せられた。 

劇団4ドル50セントは10月29日(火)から二つの異なる作品を上演する”オムニバス公演”の開催も控えており、今後の活動にも期待が高まる。

この記事の画像一覧 (全 5件)