新垣結衣 "自然あふれる静謐な雰囲気” 秋の軽井沢「本当に癒されました」

芸能総合 公開日:2019/10/25 27
この記事を
クリップ

ブランジスタは、新垣結衣が表紙・巻頭を飾る、電子雑誌「旅色」2019年11月号を公開した。 

今月号の表紙・巻頭インタビューは、新垣結衣が登場。ピュアな瑞々しさはそのままに、時折見せる艶やかな大人の表情にも引き込まれる、そんな彼女に最近の旅事情を聞いた。1泊2日の旅では、避暑地として知られる軽井沢の秋冬ならではの楽しみ方を新垣さんが体験。自然あふれる静謐な雰囲気の軽井沢で、絵本の世界に入り込んだような美術館や博物館、名勝・白糸の滝に森の中の絶品フレンチなどを堪能した。




愛嬌のある表情と落ち着いた雰囲気が相まって、見ているだけで癒されてしまう魅力を持つ新垣結衣。愛犬家でもあり、少しでも愛犬と一緒にいる時間を大切にしたいと語る彼女に、ドライバーに徹したという家族と車で訪れた軽井沢の話から、「まさに、大人の女性の一人旅。気負うわけでもなく、パッと決断して、パッと行ってパッと帰って来る。もっと、旅を身近なものにしたいですね。」と、30代になって変わってきた旅の捉えかたなど、今の旅事情を聞いた。 

浅間山の麓に位置する高原リゾート・軽井沢は、自然豊かな“大人の避暑地”として毎年夏になると多くの観光客が訪れる。今回は、秋冬色に染まったこの季節ならではの非日常感溢れる軽井沢を、新垣結衣と巡る。静謐な空気の中で目にする幻想的な景色の数々に、新垣も「本当に癒されました」と満足の様子だった。 

他にも、山口県の最東部に位置する岩国で歴史と文学薫る散歩旅を紹介する「エリアフィーチャー」や、運行が終了した寝台列車の旅を追体験できるホステルを紹介する、写真家・浅田政志の連載「宿旅」、映画「マチネの終わりに」に出演する木南晴夏に、パンの旅などの話を聞いた「あの人の旅カルチャー」など、旅行シーズン真っ盛りのいま、すぐに見本にしたくなる情報がたっぷり。「旅色」11月号、ぜひご覧いただきたい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)

関連タグ