広瀬アリス “ヤキモチ”を妬く時とは?『タッチ』南ちゃんとドラマ共演

芸能総合 公開日:2019/10/25 6
この記事を
クリップ

2019年10月25日(金)より、「ROPÉ PICNIC(ロペピクニック)」のWEB動画『かわいいにまっすぐ。ロペピクニック×タッチ』が公開となる。


本動画では、広瀬アリスが、あだち充原作の『タッチ』に登場する〈南ちゃん〉の姿に勇気づけられる、一人の女性を演じる。彼との関係がうまくいかずに無気力になっている彼女が、家でふと手に取った『タッチ』。物語を読み進めるうちに、彼女は、弱い自分を受け入れながらまっすぐに生きる南ちゃんの姿に心を動かされ、少しずつ前向きになっていく。広瀬演じる女性の相手役は、俳優でモデルとして活躍する鈴木仁が演じる。

また、撮影現場の様子を収めたメイキング動画と、広瀬が今回の役どころを演じた感想や、動画のストーリーにちなんで、ヤキモチを妬く時などを語るインタビュー動画も公開される。


<広瀬アリス インタビュー>

―南ちゃんのまっすぐな姿に勇気をもらう女の子を演じてみて、いかがでしたか?
南ちゃんのイメージはかわいくて明るくて、本当に無敵な女の子だと思っています。その憧れている気持ちを純粋にしっかり出せたらいいかなと思いながらお芝居しました。等身大の女の子をしっかり演じたいなと思っていたので、あまりクセつけたりっていうよりかは自然体でその空間の中でしっかり生きたい、と思って演じました。

―「かわいいに、まっすぐ」というメッセージが登場しますが、どのような女性を「かわいいに、まっすぐ」だと感じますか?
いっぱい笑っていっぱい泣いて、そういう方がいいなって思います。(身近に)いますね。みんないっぱい笑う時もあればすごく泣く時もあって、でもそれがすごくまっすぐで。だからその友達のことが大好きだったりするんですけど。純粋なところがあるのは素敵ですね。

―セリフにも登場する「ズルい」人は、どのような人だと思いますか?
男女関係なく、年齢も関係なく、かわいいって思わせてくれる方って「ズルいな」って思うし、羨ましいなって思います。母親と同じ世代の方でも、お話していて、すごくかわいい!って思うことがあって。もちろん外見も綺麗な方なんですけど、お話していて言葉の選び方だったりとか、「自分もこういう大人になりたいな」とか、そういう風に思います。

―南ちゃんのようにヤキモチを妬くことはありますか?
全然妬きます、妬きます!恥ずかしいからあんまり言いたくないですけど(笑)。どういう時なんですかね…。独占欲っていうか、好きだから妬くんじゃないですかね。あははは(笑)。

―理想の告白のシチュエーションは?
言葉はなんでも。直接会って言ってくれたらどこでもいいかな。

―憧れの女性像はありますか?
表参道を、トレンチコート着て、髪の毛ストレートでサラサラで、颯爽と歩く女性。憧れます(笑)。カッコイイなって思いますね。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 30件)