川村壱馬・吉野北人ら集結、異例の反響でTHE RAMPAGE再登場

芸能総合 公開日:2019/10/20 16
この記事を
クリップ

人気急上昇中のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、25日発売のメンズファッション誌『smart』12月号(宝島社)の表紙に登場する。

初カバーを飾った8月発売の同誌10月号がamazonでは完売するなど大反響を呼び、異例のスピードで再登場が実現した。

秋のファッションに身を包んで集結したのは、LIKIYA、陣、RIKU、神谷健太、与那嶺瑠唯、山本彰吾、川村壱馬、吉野北人、岩谷翔吾、浦川翔平、藤原樹、武知海青、長谷川慎、龍、鈴木昂秀、後藤拓磨の16人。


今回は通常号/ローソン限定・特別号でそれぞれ異なる表紙&8ページの特集が掲載されている。

2014年に結成されたTHE RAMPAGE(ザ・ランペイジ)はボーカル3名とパフォーマー13名、計16名のダンス&ボーカルグループ。グループ名のランペイジには”暴れ回る”という意味がある。

今年2月から5月にかけて全国のアリーナを巡るライブツアーを行い、現在大ヒット公開中の映画『HiGH&LOW THE WORST』には、川村壱馬、吉野北人、龍、鈴木昂秀のメンバーが出演。10月30日には2ndアルバム『THE RIOT』の発売が控えるなど、いま最も勢いのあるグループのひとつである。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)