“奇跡の13歳”憧れのローラと2ショット「最強の2人!」

芸能総合 公開日:2019/10/01 18
この記事を
クリップ

モデルのサクラ・キルシュ(さくら・きるしゅ)が28日(土)、千葉・幕張メッセで開催されたファッションイベント『Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER』に出演した。


サクラはスイス在住の13歳でドイツと日本のハーフ。今年7月に開催されたファッションイベント『TGC teen 2019 Summer』のランウェイモデルに異例の抜擢。身長166㎝にスラリとした長い手足をもつ抜群のスタイルから “奇跡の13歳” として注目を浴びた。

今回の『Rakuten GirlsAward』で今をときめく豪華なモデルたちがランウェイを歩く中、話題の渦中にあるサクラが登場すると、会場からはより一層大きい歓声が鳴り響いた。




サクラは今回の『Rakuten GirlsAward』出演について「初めてのガールズアワードのランウェイを歩くことが出来て、とっても楽しかったです!ランウェイを歩きながら、お客さんが手を振ってくれているのが見えたり、歓声が大きくて本当に嬉しかったです!また、憧れのローラさんと同じブランドステージに出演出来て、感動しました。ファッションショーが大好きなので、これからもたくさん出られるように頑張りたいです!」と元気にコメント。

サクラは、スイスで観ていた日本のテレビ番組に偶然出演していたローラの姿を見て以来大ファンになったとのこと。モデルとしてもずっと憧れであったローラと、今回同じブランドステージに出演でき、本人ともコミュニケーションをとれたことに喜びを隠しきれないようだった。

サクラがInstagramにて「憧れのローラさんと一緒に写真を撮っていただきました♡ローラさんは綺麗で、そしてとっても優しくてお話しできて感激しました!本当に魅力的でオーラに溢れていました。」と、ローラとの2ショットを投稿。するとその投稿を観たファンからは、「ほんとに2人とも綺麗すぎた♡」「2人とも美人すぎて。さくらちゃん憧れのローラと一緒に写真撮れてよかったね!」「最強の2人!」と感想が溢れた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)