木村拓哉 王者の風格さえ漂う存在感、“三つ星の男”を堂々体現

芸能総合 公開日:2019/09/30 8
この記事を
クリップ

木村拓哉が、10月9日発売の女性グラビア週刊誌『anan』2171号の表紙に登場する。

注目度の高いTBS日曜劇場『グランメゾン東京』に主演する木村拓哉。人生の再スタートとして開いたレストランで、三つ星を獲得しようと奮闘する型破りなシェフ役に挑む。 そこで今回、『anan』は木村拓哉自身が「三つ星の男」であると宣言。時代を超えて愛され続け、どんな作品に出演されても世の女性を引きつけて魅了する永遠のスターだ。





今号のグラビアでは、そんな”三つ星”の木村が3つのテーマを表現。風を受けて舞う「シズる男」、ワイルドに口を開け、強い視線でこちらを挑発する「かぶりつく男」、そして最後に、アンニュイな表情でまっすぐ遠を見つめる「したたる男」。一見、抽象的で難しいテーマでも、「オーケー」と呑み込み、スッとカメラ前に立った木村。1カット目からバシバシとキメ、王者の風格さえ漂うその存在感に、圧倒されっぱなしのスタッフだった。今回はすべてのテーマでライティングを変え、かなりアーティスティックでインパクトの強い写真となっている。

また、インタビューではドラマへの想いに加え、特集テーマである「カラダにいいもの」についても語ってくれた。真摯に質問に向き合いながら、少年のような可愛さも覗かせた内容になっている。


Ⓒマガジンハウス

関連タグ