舞台『サザエさん』でカツオ役、荒牧慶彦の素顔は役に通じる?

芸能総合 公開日:2019/09/27 3
この記事を
クリップ

9月30日発売のAERA10月7日号の表紙に、俳優の荒牧慶彦が初登場する。撮影は蜷川実花




ミュージカル『テニスの王子様』でデビューし、舞台『刀剣乱舞』で大ブレイクを果たした荒牧は、自他ともに認める2.5次元のトップランナーの一人だ。現在は、福岡で上演中の舞台『サザエさん』にカツオ役で出演中。

すらりとした長身にはかなげな佇まい、繊細な演技力にも定評がある荒牧だが、自己分析は「自立したかまってちゃん」。意外にも、素顔はカツオにも通じる「イタズラ好き」だという。インタビューでは、共演者たちが驚いたり困ったりしている顔を見るのが好き、とも語っている。

最近はテレビドラマやラジオなど、活躍の場を広げる荒牧だが、特別な場合以外は何事も人に相談せず、自分で解決するタイプ。「しんどくなったときにすること」や「なりたい大人像」の答えは具体的で意外なものだった。

3ページにわたるカラーグラビアとインタビューは必見だ。


■AERA (アエラ) 2019年 10/7号
【表紙: 荒牧慶彦
発売日:2019年9月30日(月曜日)
本体価格:361円
(定価390円=9月30日まで/定価397円=10月1日から)
発行:株式会社朝日新聞出版