荒牧慶彦&北村諒、仲良し2人のリアルな休日の部屋を再現

芸能総合 公開日:2019/09/20 5
この記事を
クリップ

2.5次元舞台などで活躍中の俳優 荒牧慶彦北村諒が、「ViVi 2019年11月号」(9月21日発売※首都圏基準)に登場する。

誌面では「BOYS PLAY ROOM」をテーマに、2人でテレビゲームをしたり、漫画を読んだり、ピザを食べたり、ベッドでゴロゴロしたり、男性2人のリアルな休日の部屋を再現した。





じつは撮影日の前日、深夜まで一緒にニコ生配信をしていたやってた2人、「数時間ぶり~」「寝て起きてまた一緒に仕事してる(笑)」 と2人とも笑い合いながら現場入り。

撮影では実際に、ファミコンの野球ゲームをプレイしたが、3回裏くらいまで接戦。セットチェンジ中は、2人共通の趣味でもある漫画に夢中。衣装のニットを脱いでTシャツデニム姿で、出演作の原作漫画を「懐かし~」と言いながら読んでいた。舞台の上や映像の中では絶対に見られない、オフショットのような素な表情は、プライベートでも仲良しの2人ならではの内容になっている。

インタビューでは、ルームシェアするなら何区?料理はどっちがする?普段どんなパジャマ着て寝てる?など 「もしも2人が一緒に住んだら?」 という話で大盛り上がり。 また、なかなか知りえないプライベートが垣間見える一問一答も。ちなみに、最後にお互いの似顔絵を描いたところ、「もう頭の中に顔が入ってる」と、 2人ともノールックで描き進めていたのは、不思議な光景だった。

それくらい仲良しの2人。なかなかのクオリティに仕上がった似顔絵は誌面で公開されているので、ぜひチェックしてみていただきたい。