A.B.C-Z 主演舞台でジャニーズ愛を再確認、堂本剛が楽曲提供

芸能総合 公開日:2019/09/09 12
この記事を
クリップ

話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン「TVガイドPERSON」(毎月9日前後発売・東京ニュース通信社)。本日9月9日(月)に発売された最新号「vol.85」は、A.B.C-Zが表紙を飾った。




10月7日(月)より東京・日生劇場で開幕する、ジャニーズの歴史をひも解く舞台『ジャニーズ伝説2019』を前に、主演を務めるA.B.C-Zが今号の表紙・巻頭を飾る。2013年から始まり5回目となるが、「今回は特別な公演になる」と静かに情熱を燃やす5人。インタビューでは、ジャニ―喜多川氏の思いをつなぎ、エンターテインメントを紡ぐ者として本公演にどう臨むのか、そして活躍の目覚ましいジャニーズJr.たちに対して、さらにはグループの”未来”について、現在の率直な胸の内が語られている。

滝沢秀明氏が演出のサポートを担い、堂本剛が楽曲を提供する今作。「雑談の中で生まれた」と実現に至った経緯を明かしつつ、「先輩たちのジャニーズ愛が再確認できた瞬間だった。ジャニ―さんがすごいきっかけになってくれたんだな」という河合郁人の発言に、五関晃一も「先輩たちがこれだけ動いてくれているからこそ、その芯にいるのがずっと『ジャニーズ伝説』をやってきたA.B.C-Zだとアピールしたい」と力を込める。

一方で、たくさんのジャニーズJr.が出演することに「みんなが主役」(塚田僚一)、「楽しむことが一番」(戸塚祥太)と、ジャニーズファミリーとしての環境作りに目を向けたコメントも。さらに、先日デビューが発表されたSnow ManSixTONESの話題では、Snow Man深澤辰哉阿部亮平と同期の橋本良亮が「マジでうれしかった」と2人への熱い思いを明かすほか、グループの未来というテーマから、メンバーの結婚予想トークで盛り上がる5人。軽やかな笑い声とともに、A.B.C-Zならではの掛け合いを繰り広げている。

ほか、ソロのグラビアでは本誌初登場となるNEWS手越祐也が、15周年ライブの映像化を切り口に、自分自身について、歌について、揺るぎない信念を語ったインタビューや、放送中のドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)の撮影現場にて主演の山田涼介に密着したドキュメントも。また、7年ぶりとなる音楽劇の名作「組曲虐殺」で主演を務める井上芳雄、自身のエンターテインメントショーを昨年に続いて今年も開催する山崎育三郎が登場。巻末では、スペシャルフィーチャーとして斎藤工×窪田正孝の撮り下ろしグラビアを掲載。ドラマのコンビで人気を博し、“最高のバディ”として互いをリスペクトし合う、唯一無二の関係性に迫る。


■「TVガイドPERSON vol.85」

【ラインナップ】
 <表紙&巻頭>
A.B.C-Z 舞台「ジャニーズ伝説2019」

<PERSON INTERVIEW&DOCUMENT>
手越祐也 DVD&Blu-ray「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”」
山田涼介 ドラマ「セミオトコ」
井上芳雄 音楽劇「組曲虐殺」
山崎育三郎 「山崎育三郎のI AM 1936」presents「THIS IS IKU 2019」
浜中文一×室龍太 舞台「THE BLANK! ~近松門左衛門 空白の十年~」(浜中) 舞台「どれミゼラブル!」(室)
MADE 舞台「ジャニーズ伝説2019」

<声優特集>
蒼井翔太 ドラマ「REAL⇔FAKE」
UMake(伊東健人×中島ヨシキ) 3rdシングル「ダブルレインボウ」

<SPECIAL FEATURE>
斎藤工×窪田正孝 ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019」


■「TVガイドPERSON」
発売日:2019年9月9日(月)※一部、発売日が異なる地域がございます
発 行:株式会社東京二ュ―ス通信社
定 価:本体 833円+税